--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中国5県バイオマスエネルギーフォーラム」

2006年03月07日 20:57

中国知事会共同事業
「中国5県バイオマスエネルギーフォーラム」
森と自然エネルギーと私たちのくらし
というイベントが庄原市で行われました。
庄原のNPO森バイオマス研究会が現地でのオーガナイズを行いたくさんのペレットストーブや蒔きストーブ、蒔きボイラーなどさまざまなバイオマス機材の展示が行われましたが
グローイングピースではバイオマス以外の自然エネルギー機材で会場に花を添えました。
グローイングピースの展示

グローイングピースの展示

mokutan.jpg

岩国市が保有している木炭ジープ

このジープはなんと木炭で動くジープです。古いものなんでしょうが、とても素晴らしい保存状態です。乗り心地はといいますと、まったくガソリンと同じ乗り心地です。
スタートのための木炭への点火がなかなかめんどうではあるのでしょうが、満タンの木炭で200Km以上走れるとはびっくりですね。
戦後の日本でこんな自動車が走り回っていたという話を聞いてなんともいろいろな事を考えさせられるものです。
○こんな技術があれば将来のエネルギー問題も乗り越える事が出来る?
○この技術を発展させる(ロータリーエンジンなど)事で現代の車の性能に近づける事が出来るのか?
○こんなめんどうなことをしないと動かない車はクラッシックカーでしかないのか?
などなど.........
 森のバオマス研究会ではこの自動車の技術を失わないために図面その他の資料として残す作業しているということでした。

スターリングエンジンの展示もありました。
広島国際学院の工学部が制作した何種類かのエンジンはなかなか面白い物で、ぜひ何かの実用品として製品かしてほしいものです。
広島国際学院大学スターリングエンジン

広島国際学院大学のスターリンエンジン
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://growingpeace.blog15.fc2.com/tb.php/18-8b048e87
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。