--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな哲学者たち

2012年05月11日 08:16

サッカーをやっている子供に感動出来るサッカー映画は無いかとレンタルショップをのぞいていたら偶然見つけた面白い映画に出会いました。
『ちいさな哲学者たち』
哲学とは本来「愛知」と言う意味らしい。ようするに「知を愛する」「智を愛する」ということですが、物事を深く考えるということでしょうね。

小さな哲学者


この映画を見て思い出したのは以前子どもたちと川遊びをしていた時に感じたことです。子どもたちは小さな時からいろんな既成の中で育っていてどれだけの可能性が子どもの中にあるのか案外気がついていないのではないでしょうか?
もしもその既成を取り払ったらどんだけの可能性があるのか?と思わせるような川での遊び方に出会いました。ある年は、ゴムボートで川下りをしてキャンプと言う計画でした。真夏の猛暑の中大人たちは夕方になればかなり疲れが出ているのですが、子どもたちはまだまだエネルギーいっぱいで海までこぎだして行けそうな勢いです。
まさにこのときの光景は子どもたちにはなんでもできそうな無限とも思える可能性でした。
川4

川2

川1

川3

この映画も同じように子供だからそこまで考えていないのではないか?そんなこと考えていないのではないか?と思うことでもしっかり考えられる頭を持っているんですね。大人と一緒に哲学できるんですね。このことは早く大人が気がつかないとならないことだな~と思ってしましました。そこから子供の可能性が広がる気がします。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://growingpeace.blog15.fc2.com/tb.php/176-6784695b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。