--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2050年までに「再生可能エネルギー100%」は実現できる!WWFがシナリオ

2011年02月14日 21:26

世界はすべて再生可能エネルギーまかなうことが出来るか?
多くの人たちの疑問だと思います。そして多くの人たちが不可能だろうと考えています。

WWFは2050年までに「再生可能エネルギー100%」に向けた10の提言をまとめました。
再生可能100%に向けたビジョンを作り、シナリオを示しています。
wwf


今までの発想だとどれだけ我慢すると目標に達成できるのだろうと、考えましたが、現在の既存の普及拡大だけでも90%の実現が可能との認識です。
「将来、車での移動が必要になる人たちの利用を制限する」「モノを作らないようにする」といった形でエネルギーの消費量を下げることではないということです。
「車を走らせる」「モノを作る」「建物を暖める/冷ます」など、エネルギーを必要とする活動の将来のニーズにはきちんと応えつつ、それでも、エネルギーの合理的な使い方や省エネ技術の普及によって、実際の使用量を減らす、つまり、エネルギーの需要を減らすことはできるということを示しているそうです。

自然エネルギーは薄く広いもんですね。原子力のように一極集中高出力ではありません。
自然エネエネルギー産業も広く多くの人々に雇用を生み出し経済を活性化します。
原子力発電は密度の濃い富を一部に集中します。

今回の世界野生生物基金WWFの発表はとてもインパクトがあります。


再生可能エネルギー技術を上手に使いさらに国のエネルギー政策を自然エネルギーへシフトしましょう。

そして私たちも「再生可能エネルギー100%」にむけて何か始めましょう。

WWF『エネルギー・レポート』を発表 2050年までに100%再生可能エネルギーは実現可能!
The Energy Report - 100% Renewable Energy By 2050




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://growingpeace.blog15.fc2.com/tb.php/144-972def45
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。