--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気自動車

2011年01月25日 08:49

最近電気自動車の話題が賑わっていますね。

環境問題、解決策、ビジネスチャンス、これらが三つ巴で動いていくの居は世の常です。

再び毎日新聞の記事を参考に電気自動車のエネルギー効率についてわかり易い解説があったので書き留めてみます。
従来の自動車---1台1台が化石燃料を使って内燃機関でエンジンを動かし、走る車。
EV-----------発電所で効率よく作った電気を充電するので、エネルギー効率が格段に高い。
効率の高さはエネルギーを生み出す際の二酸化炭素が少ない。
利用者のエネルギーコストも少ない。

1キロ走る電気料金は約1円
1キロ走るガソリンは15円(リッター15kの車・ガソリン1リットル150円を設定)

走行中のメリット
騒音が極端に少ない。
排ガスがない。

車両価格が高い。
車種が少ない。
走行距離が短い。(1回の充電で約100キロぐらい)
急速充電ステーションが少ない。(家庭での充電の場合約10時間)
海外では改造電気自動車が増えている。そうすると、導入コストがリーズナブル。

これらのことは、環境問題、産業構造、まちづくり、ベンチャー企業の需要などに関わってくる。

以上の中で語られていないことはエネルギー効率がこれほど良い電気自動車ですが、これの元の電気をどうするか?これが大きな問題になるのではないでしょうか?

どんどん電気自動車の導入が増えてくると、国内電気需要が増えます。
国内の総エネルギーの輸入量は減るはずですよね。ガソリンの元の原油の輸入量が減るということでしょう。
しかし、電気の需要が増え、そのエネルギーはどこで作り出すか?

車で走る為の化石燃料を火力発電に回すとか、原子力発電を増やすなどの方向に進まないよう望みます。
効率のいい電気自動車は再生可能エネルギーで動かそうという動きに連動させられると、明るい未来がありますね。







スポンサーサイト

初夢

2011年01月24日 17:43

2011年1月もそろそろ終わりかけていますが、新春ネタです。
新春といえば、初夢ですね。
初夢を紹介します。

---時は2050年---
 世界は太陽光発電を中心とする再生可能エネルギーの時代になった。
環境問題の深刻化や石油など化石燃料の枯渇の懸念から、太陽光発電などが普及。世界のエネルギー問題も解決し、戦争のない平和な時代が訪れた。
社会構造もおおきくかわった。家庭では基本的に太陽光で発電した電力を蓄電池に貯めて使う。
スマートグリッド(次世代送電網)で電力会社とも結ばれているが、太陽光発電所からの電力は、不足するときだけ送電され、効率良く使われている。
 小規模な太陽光発電は世界各地に分散し、特にインフラが整備されなかったアフリカなど新興国で普及した。これらの国では誰もが電気自動車に乗り、充電スタンドも至る所にある。
太陽電池の研究開発が進み、40年ほど前には10~20%程度だった太陽電池の変換効率は今や40~50%が当たり前。変換効率が上がり、太陽光発電の導入コストは、今までは当時の4分の1から5分の1まで低下した。
直流の太陽光発電システムが普及し、従来は交流だった冷蔵庫や洗濯機などの家電製品が使えなくなった。そのため、エコポイント制度依頼のちょっとした家電買い替えブームが起きた。
人類は石油などを巡って戦争を繰り返してきたが、太陽光発電の普及でエネルギーバランスが安定し、平和が訪れた。
*********************************************************************************************
さあ、これが、私の見た初夢です!!と、言いたいところですが、実は、この続きがあります。
「シャープもエネルギーソリューションを提供する企業に大きく変貌している。」という文章で締めくくられています。

そうこれは毎日新聞1月20日の朝刊に載った「初夢望遠鏡」という連載記事で、シャープの片山幹雄社長の夢です。
記者のまとめは「エネルギーの束縛から解放される。それを実現する技術の一つが再生可能エネルギーだ」という言葉が印象に残った。太陽光発電が進化し、コストが下がれば、平等で争いのない社会が実現する鴨しれない。なんとか実現させたい。
という記事が掲載されました。

まるで、私たちがずっと前から夢に見ていた夢と同じ夢を今大きな企業が見ているんですね。
なんか不思議な感じ、驚き、そして、ほんとに早くエネルギー戦争から解放されたいもんです。






ロケットストーブ マニュアル本 販売中

2011年01月11日 09:52

グローイングピースが事務局を行っている「日本ロケットストーブ普及協会」で2009年の12月に自費出版した「ロケットストーブ」日本語版ですが、昨年末現代農業の記事をきっかけに、その後沢山の問い合わせをいただいています。
寒さが厳しくなるとなんとか温かくなりたいという欲求が高まり薪ストーブのことに頭が巡りますね。
現在ロケットストーブの記事を掲載中の雑誌を紹介します。


現代農業 2011年 01月号 [雑誌]現代農業 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/12/04)
不明

商品詳細を見る


現代農業 2011年 02月号 [雑誌]現代農業 2011年 02月号 [雑誌]
(2011/01/06)
不明

商品詳細を見る


田舎暮らしの本 2011年 02月号 [雑誌]田舎暮らしの本 2011年 02月号 [雑誌]
(2010/12/29)
不明

商品詳細を見る


家を暖め心を温める道具をDIYしましょう。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。