--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ脱原発延期?

2010年09月30日 11:31

ドイツでは脱原発の時期を延期して脱原発先送りで、脱原発は現実的に難しいのか?ドイツ人も原発への依存から抜けられないのか?とも思える状況ですが、最近の毎日新聞の記事と、ネット上にあったドイツからのレポートを下記にまとめてみました。
●企業優遇の密約が発覚「脱原発」再送りのドイツ政権
シュレーダー政権時代の2022年までに原発全面停止という政策を、2009年から始まったメルケル政権が、9月5日、原発稼働を平均12年延長するという脱原発先送りの方針を決めた。
その陰で、9月6日に政府が,原発運営企業を資金面で優遇する文書が発覚
原発の設備改善など安全対策コストに上限を設ける内容で、「安全軽視の密約」「政府と原発企業の癒着」と国民から批判が噴出。
18日には数万員規模のデモも発生し、世論は脱原発支持。
世論調査で原発反対を唱える緑の党の爺率が過去最大の24%。脱原発を掲げる最大野党の社会民主党政の支持率も24%となり、会わせると、48%。一方連立与党は34%。と、脱原発政党の支持率が優勢。

●ドイツでは再生可能エネルギー発電が専門家の予想を上回る勢いで増えているそうです。
電力部門では16%を上回る発電が風力、バイオマス、太陽光、水力(ダムは3%)という再生可能エネルギー出になっている。

政府は2020年の予想が38.6%と予想(政治的目標は30%)
保守的研究機関は40%近くと予想
再生可能エネルギー推進側は50%と予想

2020年の政府予想の内訳
風力発電は、ドイツの全消費電力量の18.6%(現在7%)
バイオマス8.8%(現在4%)
太陽光7.4%(現在1%)
水力3.6%(3%)

太陽光の設置料
2009までの設置量9.8GWp
2010年上半期すでの3GWp 8月の現在総量13GWp
2011年末の予想20GWp
2012年の夏ピーク時には太陽光発電の電力生産量が増え電力の価格が下落するという減少も発生する。

8月ある晴れた日の12時で試算してみると、
瞬間的に消費電力の20%を超える発電が太陽光でまかなわれている。
電力の自由化されている取引所EEX出のスポット価格の推移は2年で急激に変化してきており、日中のピーク時の山がどんどん小さくなってきている(消費量が大きくなると,スポット価格は高騰してゆきます)

これまでは北海岸で風が吹き荒れるシーズンに既存の大型火力発電所の出量調整作業がいそがしくなってきていたが、これから太陽光発電の増加で、いっそうっ出力調整が必要となってくる。

2009年には71時間以上に渡り、電力取引価格はマイナス、つまり電力を購入すると。お金がもらえるという異常事態が発生している。

◎蒸気のような情報を見ると、ドイツ国民の多くは、「脱原発」を望んでいるように思います。
それは、環境問題はもとより、ビジネス的にも、経済的にも成り立つという予測ができそうですね。
近い将来自然エネルギーが充分に化石燃料の代替えになる可能性がある。
政府も業界もまじかに迫っている自然エネルギーの時代に対応したインフラ整備を行わないと、あふれてくる自然エネルギーを捨ててしまうことにもなりかねない状況になりつつある。
今でも使用済み核燃料というゴミの処理に困っているのにこれ以上危険なゴミをこれ以上出さないという政策が必要に思います。

今や日本には省エネ技術や自然ネルギー技術がとても沢山ありますが、それを利用できる基盤が未成熟なためそれらの技術は海外でしか発揮できないようですが、日本も早く、原子力から自然ネルギーへの基盤整備を行わないとならない時期だと思います。

参考URL
http://mainichi.jp/select/world/news/20100926ddm007030117000c.html
http://www.eco-online.org/german-eco/
スポンサーサイト

未来を灯(とも)せ!髪の毛ソーラー

2010年09月30日 09:20

NHKのアジアンスマイルという番組で『未来を灯(とも)せ!髪の毛ソーラー』という放送があったそうです。
残念ながら映像は見ていません。
興味深い内容なのでチェックしてみました。
未来を灯(とも)せ!髪の毛ソーラー』 -ネパール カトマンズ-


髪の毛発電2

最近では、世界中で、メガソーラーや大規模なウィンドファームの建設が盛んですが、
ネパールと言う総発電量が世界一少ないという国の18歳の若者の発明です。
髪の毛のメラミンメラニン色素の感光性を利用するんだとか。
8cmほどの長さの髪の毛、その両端を酸化銅板で木板にとめる。
それと何セットかつなぐ。
1畳ぐらいの広さの髪の毛パネルで、20V以上発電。
室内の明るさでも50個ほどの LED を明るく点灯。
髪の毛発電1

なぜか,ネパールでは髪の毛が売られているそうです。
ネパールでは500グラムの髪の毛がたったの16パイサ(0.2円)で買える。
500グラムぐらいあれば、数か月はもつ。
電池は50パイサで2~3日ぐらいしかもたない。

メガソーラー発電もこの小さな髪の毛発電もこれからの世界をになう大切な
『自然エネルギー』になるんでしょうね。

燃料費ゼロの照明器具

2010年09月24日 10:30

とてもすばらしいアイデア
燃料費ゼロの照明器具をDYIする。
昼間の太陽がでているにも関わらず暗い部屋ってありますよね。そういう所にうってつけの照明器具。
おもしろい!
しかし、瓦屋根とかだと難しそうだし、納屋とかだとかなり利用できる場所のあるんじゃあないかな。
こういうアイデアが世界に広がればすてきですね。

世界は太陽エネルギーの時代

2010年09月11日 22:42

最近「原子力ルネッサンス」という言葉が登場し、各地で原発計画が再発している現状の中、反面、世界中で自然エネルギーの開発が急ピッチで行われています。日本の沢山の企業も様々な発電機の開発にしのぎを削っています。そして石油産業も、中東諸国も、太陽エネルギーの開発に向かっています。確実に化石燃料の時代から自然エネルギーの世界にシフトしているようにみえます。世界を救うのは、原発?それとも、自然ネルギー?
私は思います、近い将来「自然エネルギー100%の時代」も夢ではないのかもね?

1年前に放送された「太陽の時代がやってくるHERE CAMES THE SUN」という番組がユーチューブにアップされていました。必見!2008年オランダ

皮むき間伐ワークショップと7ジェネレーションウォークforCOP10

2010年09月08日 22:32

7ジェネレーションウォークの人たちが三原に滞在中「皮むき間伐」ワークショップを開き先生になってもらいました。
9月8日、雨不足で砂漠のような広島に雨が降ると言う予報の中のワークショップでしたが、当日は曇り空で、日差しも弱く最近の猛暑日からは少し解放された中での開催でした。

三原市のパンプトン農場にある山を将来はブタなどを放し飼いできるすてきな里山状態にしたいと言う場所での開催でした。ここは完全な杉,檜、の植林ではないのですが、無造作に植えられた檜が大きくなり、冬のシーズン家の日陰にもなって邪魔な存在でした。そこで、基本的な植林してある山の間伐方法(面積と残す木の割り出し方)を学んだ後、実際に皮むき間伐の実際をやってみました。この日楽しみながら約70本ぐらいの間伐を行うことが出来ました。

ウォークのみんなありがとう!気をつけて名古屋での「生物多様性世界会議」までの道のりを進んで下さ~い!
皮むき1

皮むき2

皮むき3

皮むき4

皮むき5


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。