--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛農釜戸の初 火入れ

2009年04月27日 10:11

オーガニック生活学校で制作した「愛農かまど」に初めて火が入りました。
オーブンの上の部分の載せた土が乾いていなかったのと、設置場所のイベント開催日を待っての火入れ式でした。
火入れ1

煙突を含む横顔
火入れ3

よく燃えます。噂通り、かなり省エネ型釜戸です。はじめてのタケノコご飯は約35分でした。二釜目はもっと早かったし、火の扱いのなれると、炊飯器のスイッチを入れるのと限りなく同じぐらいの感覚で使えるようになるのではないかと期待します。
火入れ4

初めて見る釜戸に興味津々?
火入れ2

大きい事はうれしい事だ!
火入れ5

おいしい事は幸せです!
火入れ6

スポンサーサイト

ヒロシマ「千羽パネルプロジェクト」スタート

2009年04月25日 19:00

ヒロシマ「千羽パネルプロジェクト」スタート

念願の「手作り太陽電池」に平和の思いを乗せるプロジェクトは始まりました。
千羽パネル7
これが、ヒロシマ1枚目の手作りパネルです。



地球市民の心と手で作る「千羽パネルプロジェクト」
第1回 京橋川白潮公園プロジェクトについて


4月25日制作の様子。



60年前焦土と化したヒロシマ。その悲劇それを乗り越え平和都市として世界に認知されているヒロシマですが、一方で世界では戦争が絶え間なく続いています。

多くの戦争はエネルギー資源争奪戦争だと言われています。

では、すべての人たちが自分たちのエネルギーを自分たちでまかなえるようになればエネルギーの奪い合いは減るのではないでしょうか。

自分達の必要なエネルギーは自分たちで作るという状況に少しでも近づくことが出来れば、それは、広島の平和への願いの現実化していくことの一つであると考えます。

そんな思いで今回は、白潮公園で活動している「京橋かいわいあしがるクラブ」と町内会様との共同作業で、慰霊碑を照らす街灯の電源になる太陽電池を手作りします。

千羽鶴に平和の思いを折り込むように、ハンダ付けに平和の思いを込め作り上げていく手づくり太陽電池がヒロシマに広がって行くことを願っています。

夢は、原爆資料館の屋上に世界市民の手で作られた「手作り太陽電池」がたくさん並び、館内のエネルギーの一部に使ってもらう事です。

「千羽パネルプロジェクト」代表 石岡敬三

広島県府中市僧殿町121-1
0847-41-8747


4月25日の制作風景、当日は白島九軒町町内会の関係者のみなさまと、京橋川かいわいあしがるクラブ」のになさま約30人が参加して1枚の太陽電池を作り上げました。写真には写っていませんが中学生の子供達も一緒に作ることが出来ました。若い彼らの参加して作ったパネルでエネルギーが作り出されていると言う事がまたその次の世代が誕生した時にもひきつづきエネルギーが作られていることを伝えてくれるとうれしいななんて考えてしまします。

このパネルの正式な白島九軒町町内会への引き渡しは7月25日になる予定です。

参考URL
朝日新聞
中国新聞
毎日新聞
千羽パネル1
千羽パネル5
千羽パネル3
千羽パネル2
千羽パネル
千羽パネル6

アースデイ瀬戸内2009

2009年04月21日 22:40

「アースデイ瀬戸内2009」が今年も行われました。

コンサート

おひさまcafe

グローイングピースは毎年ソーラーでオーガニックなカフェ「おひさまCafe」を出展しています。


自然エネルギーの時代

こんかいのアースデイテーマは「エネ自慢だよ税員集合!」グローイングピースのテーマは
いつも「自然エネルギーの時代が来た!」


ソーラークッカーケーキ

ソーラークッカーでおいしいケーキが焼けます。

サニークッカー

最新の折りたたみ可能なソーラークッカー「サニークッカー」



風車

今回はソーラー日和で風車は風見鶏に、、、。

全体


wvo

こんな車もありました。
天ぷら油そのままで走る「ダットサン・トラック」と燃費リッター50キロ走る名車「スーパーカブ」


電気カート

シニアカーが「エレクトリック・キッズ・カー」に変身!会場を所狭しと走り回って暴走気味のキッズもいたりして、、、、。

☆今年も楽しい「アースデイ瀬戸内」でしたが、さて来年はどんなアースデイになるか?
自然エネルギーが増え、ここの会場山口県光町のすぐ近く上関にはスナメリやカンムリウミスズメがいっぱいになっているといーな~!

六ヶ所自然エネルギー学校

2009年04月14日 14:38

六ヶ所花とハーブの里での自然エネルギー学校が終了しました。
核燃の町六ヶ所で北は北海道から南はヒロシマ(私)から市民が使える自然エネルギーについて熱く学び合うワークショップでした。
花2
まだまだ桜は咲いていませんでしたが、冷たい土の中で眠っていたきれいなな花々が芽を出し咲き出していました。
花3


花4


小さな風車はだいたいどこでも飾り程度の物でしたが、六ヶ所ではブンブン回り本領発揮!
バッテリーにあふれるほどの電気を作り出せる事がわかりました。
風車設置

風車を建てる

風車集合
風車の設置方法を学ぶ
手作りパネル1
手作りパネル2
手作りでソーラーパネルを作ります。<br />ソーラー設置
みんなで作ったソーラーパネルを屋根に設置して室内灯に使います。
ロケットストーブ
ロケット焚き口
寒い東北で期待できるロケットストーブのデモンストーレーションです。
温水器

寒い六ヶ所でも充分使える太陽熱(光)温水器についても授業もありました。
その他水力発電やバイオガスについての座学もありました。
花とハーブの里の近くに水力発電機を自作して使っていたと言う人の所を見学にもいきました。
水車
残念ながら数年前の台風で大水に遭い壊れてしまったと言う事でしたが、トラックの発電機を使い回転数を増幅し、すぐわきに建てたお楽しみ小屋でカラオケや照明に電気を使っていたそうです。すがらしき手作り水力発電器です。

現在六ヶ所村は近代エネルギーの展示場のようです。
石油備蓄基地、核燃施設、そしてなんと、風力発電が100基以上あるのです。
何とも複雑な光景でありあります。
大型風車2
核燃施設2
核燃施設
大型風車1
はこの風量発電の電気はほとんど核燃施設につかわれているのかな~???&&%$&???



上関原発準備工事に着手。

2009年04月11日 16:36

山口県上関町の原子力発電所の埋め立てのための準備工事が始まりました。
こんな大事なニュースなのにローカルなメディアしか流れません。
山口放送です。
上関準備工事

こだわっとる農この人!その後

2009年04月11日 13:15

オーガニック生活学校の基盤を作った本『こだわっとる農この人』というネットワーク本がありました。
ヒロシマ県内で農にこだわった暮らしをしている人を紹介している本です。
この本に関わった人のその後が中国新聞に掲載されました。

グローングピースはオーガニック生活学校の事務局をしています。


その後1

その後2
その後3


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。