--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電の発電量により補助金が、、、、

2005年08月25日 16:51

やっと環境省もCO2削減にのりだすか?
日本は世界1の太陽電池生産国です。設置数では、ドイツに昨年ぬかれてしましました。
しかし、いくら太陽光発電の設置が増えても、日本の電気消費量は増え続けています。
太陽光発電設置業者は太陽光といっしょにオール電化を進めています。たしかに、光熱費削減にはなる場合はあるでしょう。また台所のレンジ回りがきれいになるでしょう。
しかし、人体にたいする電磁波のリスクは増えるし、CO2削減にはならないし、そんな危惧を感じていましたが、環境省がやっと面白い補助金を出すようです。
太陽光発電設置前のCO2と設置後のCO2削減量で補助金が出るという制度です。
まだはっきりした金額その他はわかりませんが、期待出来そうです。

下記新聞記事より
////////////////////////////////////////

環境省、太陽光発電にマイレージ制度創設-CO2削減に応じ助成金

 環境省は17日、地球温暖化対策の一環として太陽光発電の普及に向けた「ソー
ラー大作戦」を06年度に展開する方針を決めた。太陽光発電システムを導入した家
庭に二酸化炭素(CO2)削減量に応じて助成金を支給する「ソーラー・マイレージ
クラブ」の創設や、大規模宅地開発で太陽光発電を導入する業者を支援するモデル事
業などが柱。同年度予算概算要求に43億円を盛り込む。

 ソーラー・マイレージクラブでは電気・ガスの使用量を基に、太陽光発電使用前の
CO2排出量を各戸で算定。その後、設備を自費で購入してもらい、太陽光発電の省
エネ効果と節電努力で排出量を10%以上削減できれば、その量に応じて助成金を3
年間支給する。

 事業は自治体などで構成する地域協議会を通じて実施。一協議会の参加家庭を20
戸程度と想定し、06年度は数十協議会での実施を目指す。

(日刊工業新聞) - 8月18日8時33分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050818-00000017-nkn-ind
スポンサーサイト

2005年終戦60周年の広島での一こま

2005年08月15日 19:18

8月15日終戦記念日ですね。
日本が他国に戦争をしかけて、原爆が投下され、敗戦となり、戦争が終わり?60年。
しかし世界では幾多の戦争が繰り返し、現在も戦争が行われています。日本はみずから戦争をしかけるということは、60年間無かったことです。これはほんとうに誇らしいことです。しかし、他国の戦争を支持したということはとても恥ずべきことです。それをとめられない市民の力と自分の力のなさにもはがいさを感じます。
これからの時代に日本がいかに巻き込まれずに行くことが出来るか?また世界の戦争にはどめをかける役割を担えるか?問われているようにおもいます。
日本国憲法第9条を日本の常識にしたいものです。

下の写真は今年の広島のある一こまです。

断食5日目のジョン

ジョン&ケリー シュシャードさんの広島でのビジュル
5日目の断食をするジョンさん(過去の記事参照)

20050818133650.jpg

広島での最後の日 断食6日目

20050818133737.jpg

ジョン&ケリー広島の被爆6団体にメッセージを伝える

20050818133834.jpg


グリンピースのアクション
風船のハトに市民から集めた平和のメッセージを貼付け掲げる
20050818133856.jpg


ドイツの学生達のアイデアで小さなブロックに平和のメッセージを書いてもらい、5月のニューヨーク核拡散防止条約(NPT)再検討会議で組まれ、海を渡り、広島に持ち込まれたピースブロックが原爆ドームを囲いました


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。