--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウス オブ ピース

2005年07月23日 12:23


長崎広島での『懺悔の祈りと断食』を予定しているジョン シュシャードさん達の主催するハウス オブ ピースのことが、ボストンの新聞に載った記事の意訳です。

"Peace is the Word" North Shore Sunday 紙 2004年12月12日掲載
Frank Carini記者
意訳 山崎千恵子
 
古い漁港の街にて、世界中の紛争地域の難民に憩いの場を与え続け14年、ハウス
オブ=ピースの活動ますます勢いづく。

両親を目の前で失い、人々が銃殺されるのを目撃し、命からがら逃げてきた子供たち
や家族がたどり着くのは、ここイプスウィッチにあるHouse of Peace ハウス=オブ
=ピース。ほとんどのものが言葉さえ失い、平和を渇望してここへやってくる。ハウ
ス=オブ=ピースは丘の上にある大きな白い家で、20の部屋をもち、1990年よ
り世界中の紛争や戦争で全てを失った難民を受け入れてきた。創立者のケリー、ジョ
ン=シューシャード夫妻は、これまでにスーダン、エチオピア、アフガニスタン、コ
ソボ、ザンビア、などなど40の地域国を数える。

ジョンの話では、「ほとんどのものがここにやってくる前に、人が考えられないほど
のトラウマを背負ってくる。両親が目の前で暗殺された子もいれば、銃撃戦を経験し
てきた者もいる。全てを失い、あらゆる苦しみを経て、ここにやってくるもを受け入
れてきました」という戦争孤児や家族たちが、ここに平和を求めてやってきます。あ
るものは、木から葉が落ちて冬になることを見たこともなかったり、ほとんどのもの
が、蛇口をひねれば水が出ることや、スイッチをつければ電気がつくことなど、体験
もしたこともなく、電気をつけると顔を背ける子もいるとか。

ここ4エーカー(4600坪)のハウス=オブ=ピースで文字どおり暖かいもてなし
を受け、安全を確保されて、衣食住をあたえられ、数週間から数カ月の間の、驚くほ
どわずかな期間で、みな自活できるようになり、これからアメリカで何とか暮らして
いけるよう、方向付けのお世話をしています。

ある時は、ソマリアの難民家族が2、4、6、9、12歳のこどもを引きつれ14年
間ケニア国境内の難民キャンプで死線をさまよいながら、ここたどり着いた。そのす
ぐ後には、ボストンのストリートを50時間不眠でさまよっていたボスニアからの5
人家族がここで保護された。その歳のハウス=オブ=ピースでの感謝祭の夕食は50
人に膨らんだという。ふた家族の父親は庭で落ち葉集めをし、母親たちは食事の用
意、後片付けを手伝い、ボスニア、ソマリアの大きい子供らは小さい子らの面倒をみ
ていた。やがて、彼等はそれぞれに地元の、ソマリア=コミュニティーによってア
パート見つけてもらって巣立っていった。

元々この地を夫妻が選んだのも、近くに海岸があるためである。二人はこの海の癒し
の力を利用して、難民を保護するのに必要な憩いの場として選んだ。またボストン郊
外のこの地を選んだもう一つの理由として、ボストンには様々な難民がたどり着き、
難民コミュニティーが多々あるためで、二人はここで、戦争孤児の癒しのコミュニ
ティーを打ち立てたいと願って、ここイプスウィッチに、築277年の古い家を購入
してやってきた。

最初の7年間は主に、両親を戦争で殺された10代の、べトナム、ハイチ、エルサル
バドル、キューバ、アルバニアの若者が多かった。二人の再婚当初、これらの青少年
11人と暮らしたという。彼等は、国連や米国国務省の難民弁務救済プログラムより
 ハウス=オブ=ピースへ送られてきた。多くのここで地元の高校へ通わせてもらっ
て卒業していった。
ある二人のベトナムの若者は、さらにここから博士号を取得するにいたる。

またある年少は、地元のケープアン=ウワルドーフ、シュタイナー学校に通ってい
た。また多くのものがカソリックの奉仕団体に支えられてきた。常時8人近くの難民
家族がハウス=オブ=ピースに身を寄せる。中にはコソボから、3世代家族がここに
お世話になっていた時もあった。多くはいきなりやってくることが多い。2日前に知
らせがあるなんていうのは、まだましだそうだ。ましてや、その多くのものが24時
間体勢の医療サポートを必要としている。地元の病院へ行くのは日常で、肺炎、脱水
症なんてのはよくあることだそうだ。
「よく人々は、私たちがどうやってここをまかなっていくのか聞いてくるが、私たち
がここをまかなっているのではない、地元や国中の人、あるいは諸外国からも善意の
寄付がよせられ、なんとかやっている。アップルトン農園から新鮮な野菜の寄付が、
そして近くの魚市場から新鮮な魚介類が、そしてケープアン=ウオールドフ学校から
連日のように衣類がおくられ、多くの教会が資金集めをしてくれます」とジョンは、
夫人のケリーを伴って話してくれた。またケリーの夫人の言葉をかりれば、「イプス
ウィッチという街全体で私たちの仕事や人々をサポートしてくれて、本当に助かって
います。苦難の旅の末、ハウス=オブ=ピース二やってきた人々が癒えていく過程
に、こうした人々の善意があるからでしょう」
そして、シューシャード夫妻を含め、ここの理事会のメンバーたちは皆無給で奉仕し
ている。そして、そうした活動にドイツ、イタリア、日本、マレーシアの若者がボラ
ンテイアにやってくる。

二人の出会い
彼等は1980年、ジョンが7人の仲間とともに起こしたプラウシュアー行動の最初
の地、ペンシルバニア州でであった。ジェネラル=エレクトリック社にハンマーを
持って侵入し、二つの核弾頭容器に血をたらし、平和の祈りを捧げ、逮捕された。
10種以上もの重罪の刑で投獄された。

一方、ケリーは同じペンシルバニア州で発達障害児童と成人のキャンプヒル=コミュ
ニティーにて15年暮らしていた。
お二人とも、平和への希求を分かち合ってきた。二人は口をそろえていう、「暴力の
行使は非人間的だ」と。

ジョンは「戦争という暴力は、我々の人間性を否定し、破壊します」という。彼は、
1965年米国海兵隊がベトナムのダナンに侵攻した時、合法的な自衛権の行使に反
するとして、上司命令を退け除隊した経験持ち、イリノイ州出身でバーモントで弁護
士をやっていた。前妻とのあいだに3人の子供、14人の孫があり、カナダ、モント
リオール生まれボストン郊外で育ったケリーも2児の母親で、孫が一人いた。再婚同
士で長い間の友情の末、結ばれハウス=オブ=ピースを二人ではじめることになる。
二人のユニークで山谷に満ちた背景を駆使しても、このハウス=オブ=ピースをはじ
めることは、決して容易いことではなかったろう。

ケリー夫人いわく「彼等の話す戦争の悲惨さは、それはそれはこちらの想像を超えた
もので、戦争の惨さを知っていたつもりだったけど、その傷跡や戦争からくる心の痛
みや、その破壊力の恐ろしさには、私たちが知る由もありませんでした。一番辛いの
は、特にそれらの話をお世話をしている人から聞くのは忍びがたいです。彼等は激情
を抱えてやってきますから」と語る彼女の姿がそこにあった。


スポンサーサイト

懺悔の祈りと断食

2005年07月19日 15:02

懺悔の祈りと断食と題し広島長崎に落とされた原爆投下に対しての祈りの断食が行われます。  
長崎で8月1日からスタート8月3日に広島に移動広島で6日までそして再度長崎で9まで。という9日間の断食です。

ジョン シューシャードさんの声明文

敬愛する被爆者の皆様
 
私達は米国人とし て、広島、長崎における原爆による残虐行為を謝罪いたします。
私達は、9日間 座り込み、祈り、断食して皆様に直接「広島、長崎という美しい都市
の無防備な 人々に対する、アメリカによる核破壊を、心底よりお詫びします」と申し
上げる 為に来ています。悪魔のような原子爆弾によって、罪の無い皆様の被る終りの
無 い苦しみを思うとき、私達は悲嘆に暮れ、深い悔恨のなかで居たたまれない思いで
す。被爆者の皆様が60年間にわたって途絶えることなく平和を訴え、核兵器の廃 絶を
訴えて来られたことに、深く感謝します。私達は、皆様の世界へ向けた証言 に連帯し、
心と命の団結のためにここに参りました。

 私達は以下のこ とを信じます。
- 死の飛行機、エノラゲイとボックスカーは、未曾 有の戦争犯罪、そして人類に対する罪を犯したました。この原爆投下は、人類史 上に引き起こされた戦争の中で、最大にして二重の国際的市民大虐殺であり、残 虐行為でありました。そして歴史はそれを記録すべ きであります。
- 殺傷破壊力において千倍強の熱核兵器の一層の開発は、世界 を取り巻く核拡散を 結果として引き起こし、人類と いう家族をその歴史の終焉に直面せしめる事態に至らしめました。
- 希望 の光を生むためには、核兵器の増大と拡散の暗い現実の中で、人類に対し、万物に対し、最も甚大なその罪が告白され懺悔 されなければなりません
- 人類の生存は、日本国憲法第九条の英雄的な倫理規 範を模範とする、核兵器の廃絶、戦争の廃絶にか かっています。

 私達は、米国の現行の核の脅威・先制攻撃による戦争とい う政策を非人道的であり、
犯罪であると告発するものです。

広島、長崎 被爆60周年の悲しみの日々の中で、すべての原爆犠牲者に祈りを捧げ、私
達は思 いを新たにし、懺悔いたします。私達のこの思いは、米国のほとんどの平和運
動 によって共有されている思いです。謝罪を実現していくよう、私たちは平和の創造
のために行動をおこし、非暴力世界の未来のために、恐れるということのない精 神的
基盤を培っていくことを誓います。

私達は、パールハーバーの攻 撃、及び第二次世界大戦における侵略に対する、日本政
府の謝罪に謝意を表しま す。私達は、これは和解と武装解除した世界へ向けた、最初
の勇気ある一歩であ ると考えます。私たち米国市民は、米国政府もまた謝罪すること
を求めます。そ うすれば、核の大破壊の悪魔は、告白され懺悔され人類を真の和解へ
と導いてい くでしょう。


ジョン&ケリー・シューシャード
ハウス オブ ピー ス
John & Carrie Schuchardt
House of Peace
1 High Street
Ipswich, Massachusetts 01938
U.S.A.
978-356-9395 thehouseofpeace@yahoo.com



ジョン シューシャードご夫妻のプロフィール
ジョンさん(1939年生まれ)とケリーさんは二人で1990年に、世界各地に於ける
戦争、紛争によって心身の被害に遭われた人々や、障害者の憩いの場として「ハ ウス
=オブ=ピース」を自宅を開放して始められました。15年の間に、お世話 になった
もの400を超え、その出身国は30にも渡ります。かれらがその後、 アメリカで暮
らしていけるよう、ここであたたかい庇護をうけました。

「ハウス=オブ=ピース」を日々運営していくかたわら、ご夫妻は人々の意識を高 め、
戦争に向かう諸政策を平和なものへと転換するよう、多くの活動に参加して います。
とくにケリー夫人は女性が公の場で証人となるネットワーク「ウーマン =ウイーピン
グ」を始めました.彼女ら喪服に身を包み、生命を断たれた子供達 を象徴する人形を
抱きかかえて、マスコミでは殆どとりあげられることのない、 戦争の戦慄すべき暴力
に子供らを失った、世界中の紛争地域の何十万もの母親た ちの悲しみを訴えていきま
す。一方ジョンは戦地ベトナムへ送り込まれる前1965 年、海兵隊より除隊して以来
「平和のための帰還兵」活動に意欲的に取り組んで おられます。

1980年ジョンさんは、他の7人の敬虔なるキリスト教徒と ともに、最初のプラウ
シュアー行動も起こしました。これは非暴力直接行動で す。旧約聖書の一節「汝、武
器を鋤きに鋳変えよ、、(中略)、、国家は再び戦 争の過ちを繰り返してはならない」
との言葉を元に、ペンシルバニア州の核兵器 工場へ逮捕、投獄を覚悟でハンマーを持っ
て侵入し、核弾頭の容器を使用不可に させるほどのダメージを与えました。そして裁判
によって合州国国家を訴え、核 兵器の持つ真の恐ろしさと、核兵器廃絶がいかに必要な
ものであるかを説きまし た。1983年にも同様の、プラウシュアー行動をおこしてお
ります。これら が、その後のアメリカ中の70以上にも上るプラウシャー運動へと広が
りを見せ ていきます。


[ 続きを読む ]

パン屋さんの太陽光発電

2005年07月14日 08:30

今回も山口県のお話です。
石釜でちょう美味しいぱんを焼いている「パン屋 楽」さん。岩国市の錦帯橋の近くの山沿いの田舎にもう10年以上かけて家作りを楽しみつづけ、やっと去年オープンしたパン屋さんです。その長い家作りの過程では電気を普通に引くために普通の屋内配線をしていたようですが、ある時期「電気無しでランプ生活をする」と言う決断で配線を撤去したりと2転3転で最終的に最低限の電気確保のため太陽光発電を設置することになり。そこで再度屋内配線をしき、グローイングピースでソーラーパネルの取り付けと周辺機器の施行を行いました。特徴はなんといってもパネルの架台です。小さな丘の上の森の中の家なので、パネル専用の架台をパン屋さんが用意しました。高さは10m以上でしたか?将来はその中を有効利用としてオープンテラスで食事をしたり、上には部屋を作ったりする予定だそうです。
ここのパンは私たちの一押しのパンです。我が家で育てたライ麦を送りそれを使ったパンを焼いてもらったり、ぶつぶつ交換したりと、「楽」さんとは地域通貨的なおつきあいもあります。
無防備地域宣言のステッカーも置いてあります。
森の中にチラリと見えるパネル

森の中にチラリと見えるソーラーパネル

panerukara.jpg

架台の上から家を見下ろす

kikai.jpg

独立系ソーラー発電のためのバッテリー/インバーター/コントローラー

konnsennto.jpg

バッテリーの直流電気(12v)の電気を直接使うためのコンセントとインバーターで交流に変換した100vのコンセントの2種類の差し込み口をもうけました。

kama.jpg

現在使用中の石釜のある部屋
※グローイングピースは脱原子力発電のために使用する太陽光発電(系統連係/独立系)
の販売施行を行っていいます。お問い合わせはgrowing_peace@ybb/ne.jpまで。

マイクロ水力発電機設置

2005年07月11日 16:27

山口県といえば、上関原子力発電所予定地、ここから約40分ほどの所に水力発電所が誕生しました。オーナーは田布施町で「自然菓子工房欧舌」を経営する大下さん、私たちの開催するオーガニック生活学校の常連さんです。大下さんかと2年前から水力発電を検討、やっと発電機と周辺機器の取り付け、接続が完成、この発電所は発電機から落差約45m上流の砂防ダムから吹き出した水を利用して発電機を動かすシステムです。
計算上水量は2.6L/秒の水量です。これをマイクロ水力発電機に導入することで家族5人の生活電気をすべてまかなう計画です。
6月の終わりに発電機と周辺機器の接続は終了、発電テスト完了です。ですが、実は、ここの水は砂がかなり多くまじっていて、私設ダムが大雨ですぐにうまってしまうのです。この問題に様々なアイデアを出しめどはたっているのですが、この天候不順のあおりをうけて、自然農法を営んでいる大下さんは大忙しモードでダムの改修工事に手つかずで発電はもう少し、お預け状態です。
運転開始の後、水力発電での暮らしぶりをご報告します。

20050711154105.jpg

砂防ダム下の私設ダム

20050711154459.jpg

ダムの下からオーナーの自宅を望む

20050711154534.jpg

インバーター/バッテリー/コントローラー/ダミーロード

20050711154547.jpg

ハリス マイクロ水力発電機

20050711171413.jpg

上関原子力発電予定地

20050711171430.jpg

予定地の構想図
20050711171444.jpg

今回設置した水力発電所から車で10分の所に立つ風力発電所
今後この地域はウインドファームの予定もあります。
20050711171510.jpg

この写真では発電していませんが、良く回っていました。原子力か?自然エネルギーか?
未来というよりも今どちらを選択するか問いかけられている場所です。

オーガニック生活学校

2005年07月01日 10:44

グローイングピースニュースレターをはじめます。
以前ミニコミペーパースタイルで発刊していたもののブログ版です。
グローイングピースって何?
脱原発、CO2削減、そして自給自足をめざすためのエコロジカルな暮らしをささえる道具の販売施工、から環境教育まで様々な取り組みを行っています。
今回はその中の一つ『オーガニック生活学校』について御紹介します。
2001年広島県食と農のつながりMAP青年部 偏として「こだわっとる農この人」っていう県内で農的生活にこだわっている人のネットワーク本が自費出版されました。この本に関わることでネットワークが広がり、出版後のプロジプロジェクトットの一つとして『オーガニック生活学校』を始めることができました。これは有機的生活に役立つ知恵や技術(自然エネルギーを含む)を学ぶためのワークショップです。
場所:広島県内に限定することで広島県が面白くなればと言う思い があります。(シンクグローバル、アクトローカリー)
講師:それぞれのカリキュラムにあった専門科から専門科では無い が、役にたつ技術を自分の生活に取り入れている人まで様々 な人をお招きします。(あなたの持っているとっておきの技術を沢山の人と共有して楽しい街づくりをしましょう)
開催時期:
年に2〜3回不定期です。
県外からの参加も可能です。
次ぎのアップで他の報告写真、その他の活動報告も行いますので、
乞う御期待!
630.jpg

オーガニック生活学校『簡易型バイオガスを作ろう』の一こま

20050825112416.jpg

『用水風車を組み立てるワークショップ』

20050825112438.jpg

『用水風車を組み立てるワークショップ』

20050825113522.jpg

『簡易型ソーラークッカーをつくろう』

20050825145452.jpg

『手作りソーラーパネル』


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。