--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO NUKES えひめ

2013年10月09日 22:26

瀬戸内唯一の原子力発電所、四国愛媛県伊方原発ですが、再稼働なし!みんなの力で廃炉にしましょう。
1万人を集めるこの集会「NO NUKES えひめ」
nonukesehime


●日時 12月1日(日)10:00~16:00

●場所 堀之内 城山公園 やすらぎ広場(芝生)

●呼びかけ人
アーサービナード(詩人・絵本作家)
宇都宮健児(前日弁連会長)
片山恭一(作家)
雨宮処凛(作家・活動家)
UA(ウーア)(歌手)
安西賢誠(真宗大谷派僧侶)
斉間淳子(八幡浜・原発から子どもを守る女の会)
須藤昭男(インマヌエル教会牧師・福島出身)
村田 武(九州大学名誉教授・愛媛大学客員教授)

●タイムテーブル
10:00 おんがく おはなし
ナチュラルマルシェ たべもの のみもの 手作りたくさん30店大集合!!
○三宅洋平(みやけ ようへい)
○嶋本 慶(しまもと けい)
○松浦 優(まつうら ゆう)

13:00 メインステージ
スピーチ:秋本豊寛、鎌田慧、亀山ののこ、木村俊雄、広瀬隆、藤田祐幸、ミサオ・レッドウルフ、山本太郎、笠井亮、吉田忠智 ほか

14:30~16:00 サウンドデモ

●雨天決行!カッパ・傘などは各自でご用意ください

●食器・コップ・お箸など持参してください。

●駐車場はありません。貸切バスでお越しの場合は、事務局にお問い合わせください。

食べ物ブース(20)
アワシャンティ
あまくま屋
愛媛大学生有志(仮)
おでカフェ
丘の上の日曜市笑心村
えひめ有機農産生活協同組合
ヨロマルシェ
生活協同組合
コープ自然派しこく
原発さよなら四国ネットワーク
手綱自家焙煎c-coffee
ざっこく屋
Curryの種
まんがら農園
愛媛医療生協社保委員会

物販ブース(13)
愛媛医療生協
バラディドル・ディドル
無茶々園
おかげさん
虹のたね
とおく&らいぶcafé葉音
青野悦子
伊方原発を止めまっしょい☆若者連合
愛媛大学生有志(仮)
原発さよなら四国ネットワーク
子どもたちの未来を守る愛媛の会
工房 刻屋
週刊金曜日

●当企画は、賛同カンパ及び出店料で運営を致します。
皆さまからのご協力をお待ちしております。
賛同カンパ 1口 1000円 
送金方法 「郵便振替」
「伊方原発をとめる会」01610-9-108485
スポンサーサイト

灰の行進

2012年07月06日 18:30

福島県二本松の友人が原発事故で汚染された「灰」を持って東電まで届ける行進をしている。
東京電力の主張では、原発から放出された放射性物質には所有権がなく、付着した土地の持ち主に所有権があるという。
ほんとうにそうだろうか?
そうは思えない!
だから東京電力まで届けようというだれでもわかる言い分である。

「灰の行進」スケジュール-
★16日
10:00 渋谷ハチ公前に集合
 10万員人集会に向い合流します。
 「灰の行進」がわかるようなゼッケンや自宅の土などを持って来てください
★17日
9:00 日比谷中幸門なかさいわいもん)集合日比谷図書館と日比谷公会堂の間にあります。そこから歩き出します。
10:00 東電
11:00 後経産省
最後にテント村で集会、解散

※デモ申請は行っていませんので歩道をてくてくと歩いて行きます。
※怪我や事故に関しては、自己責任、自己管理の考えの元、ご参加ください

『関ジョニーからの伝言』
http://jhony-message.jugem.jp/

参考URL
http://blog.livedoor.jp/somalive/

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012070390135528.html


趣意文
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「灰 の 行 進」            
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
      呼びかけ人:関 久雄 
          福島県二本松市松岡 メール:seki-jhony@ezweb.ne.jp
          協力:非暴力アクションネット 大畑 豊

●「灰の行進」とは、
 福島原発事故で汚染された家の庭や畑の土、山林の土や草木、灰などを持って、その責任元である東京電力と国に、「死の灰の入った土」と「被害者の想い」を歩いて 届けにいく行進です。7月16日は東京へ向かい、翌17日は、東電と経産省に行きます。
● 私の想い
 「原発いらない、子どもを逃がせ」の看板を背負って、6月12日、自宅の二本松から歩き出しました。国・東電に原発事故の責任を取らせる。原発再稼働をさせない。避難の権利を認めさせる。など、いろんな思いを背負っての行進です。
 土を手に歩くことは、フクシマのことを忘れさせない小さなデモンストレーションであり、祈りの行動でもあります。休みを使ってのささやかな行進です。19日には鏡石町まで来ました。6月25日には白河に入り、26日には那須に向かいます。
 7月2日・3日・9日・10日で、栃木・群馬・千葉・埼玉を部分的に歩き、7月16日は東京に入ります。同行して下さる方、サポートして下さる方を求めています。
 また、各地で福島の話をさせていただく場を提供してくださる方も探しています。
● それぞれの行進を、そして共に行進を!
 放射能が降った地域の皆さん方が土を手に、それぞれの地域から行進を始めることを願っています。7月16日には合流して東京を歩き、「10万人集会」へ向かいましょう。
 そして、17日は東電と国にふるさとの汚染土と被ばくさせられた人間の思いを届けに行きましょう。「灰の行進」への参加を願っています

全原発稼動停止でどうなる市民生活? そうだ、広瀬さんに聞いてみよう

2012年06月08日 09:52

週刊朝日UST劇場スペシャル「全原発稼動停止でどうなる市民生活? そうだ、広瀬さんに聞いてみよう」
80年代後半から原子力発電に警告を発していた広瀬隆氏が原発問題の本質的欠陥や電気は足りないキャンペーの問題点を的確に指摘されている映像です。



Video streaming by Ustream

このなかで紹介されている広瀬氏の資料はここにあります。
http://www.wa-dan.com/hirose03/
原発再稼働は許されないその法的根拠
これはすごい資料です。
原子炉立地審査の中に「大きな事故の原因となるような事象、きわめて大きな自身、津波、洪水や対風雨などの自然現象が過去、将来にもあるとは考えられないこと。」などという記載があるのです。
では日本の原発はそれらの自然現象が過去そして未来において無い場所だと考えられているのでしょうか?
それはあり得ない。
http://www.wa-dan.com/hirose03/ust_sinsa01.pdf
昭和39年版「原子力白書」の中に示してある原子炉立地審査指針
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/about/hakusho/wp1964/ss1010203.htm

広瀬隆氏の自然エネルギーに対する考えも一考の価値ありです。

シェールガスの採掘にはかなりの環境負荷があることも考えた方がいいですね。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120418/231149/?rt=nocnt

2012年3月11日 広島で

2012年02月27日 11:44

広島でも様々な福島原発事故から1年目様々な行事が計画されています。
すべての原発が無くなることを願って、沢山の人と原発への思いを共有できたらと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3・11ヒロシマ発 市民の集会
「内部被曝はいやだ! 原発はハイロ!」

ホームページ:http://hiroshima-net.org/311_hiroshima/

2011.3.11表2012.3.11裏


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆場 所:原爆ドーム前
◆日 時:2012年3月11日(日)午前11時~
     パレード出発:12:00

◆発言者:福島からの避難者、
     子育て中の母親、
     内部被曝について、
     上関原発反対の立場から、
     島根・伊方からのメッセージなど。
◆主 催:3・11ヒロシマ実行委員会(代表:森本道人)
◆連絡先:090-4740-4608(久野)080-5624-8747(石岡)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下の集会に合流し、1万人の力で成功させましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原発よりも「いのち」が大事! みなさん参加してください!
さようなら原発 1000万人アクションinヒロシマ集会

3月11日(日)13時は、中央公園へ集まろう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

呼びかけ人  
河合護郎 坪井 直 平岡 敬 森瀧春子

内 容(予定)
・呼びかけ人のメッセージ
・祝島からの報告
・福島被災者の訴え
・若者からのアピールほか
・パレード (会場から稲荷橋西詰めを予定)

●と き 3月11日(日)13時開会 
            14時~ パレードへ出発
●ところ 広島市 中央公園
●連絡先 090-1333-4963(佐藤)

さようなら原発1000万人アクションHP 
http://sayonara-nukes.org/

 私たちは、被爆地ヒロシマで生活するものとして、原発事故によって多くの人々が被ば
くした現実に向き合い、いまこそ市民の力で日本のエネルギー政策を転換させ、ヒバクシャを
出さない持続可能で平和な社会の実現をめざしたいと考えます。

 すべての原発を止めましょう。私たち、一人ひとりの力で。「原発をなくしてくれてありがとう」。
未来の人々がそう思えるように。

 震災から1年をむかえる3月11日、大江健三郎さんたちが呼びかけ始まった
「さようなら原発1000万人アクション」を中
心に、福島で集会が開催されます。あらたなヒバクシャを生み出さないために、
被爆地ヒロシマも連帯し、「脱原発」、原発をなくそうという思い一点で、すべての県民の
みなさんに呼びかけます。

 どうかみなさん、集会にお集まりください。
                (呼びかけ文から一部抜粋)

もうすべての核は終わりです。

2012年01月19日 15:18

ov
トレーナー
タグ


グローイングピースではこのマークのトレーナーを販売中!
素材;オーガニックコットン55%&リサイクルポリエステル45% 柔らかいですよ。
価格:4,500円(送料込み)
色:ネビーに白文字※写真では正確な色が出ていませんがタグの写真の色の方が近いです。
サイズ:S,M,Lの3つのサイズ


お問合わせ:growing_peace@yahoo.co.jp(@を@変更して送信して下さい)

2011年8月6日 原発・核兵器なしで暮らしたい!

2011年07月12日 11:18


ヒロシマ、ナガサキ、世界の核実験、チェルノブイリ、そして今も終息できないフクシマと続く放射能被害。
すべての核による放射能被害は人災でおこります。これを無くすには核の利用をやめる事しか無いのです。
原発で不自由無い生活?核兵器で安心な生活?
原発があるからこそ今の不自由な生活があり、核兵器を持っている国があるからこそ世界に核兵器が拡散し、危険度が増す。

フクシマの事故があった今年の8月6日はすべての核を手放決断のときです。
多くの核犠牲者への追悼と共に、これから原発も核兵器もない暮らしに歩き出しましょう。
http://ameblo.jp/8-6hiroshima-walk/
86表だい86裏だい




すでにチャイナシンドローム?

2011年06月23日 22:51

毎日新聞2面に風知草:株価より汚染防止だ=山田孝男と言う記事に驚く事が書かれていました。
「東京電力の発表を見る限り、福島原発の原子炉は、ドロドロに溶けた核燃料が、圧力鍋のような容器の底を破ってコンクリートの土台にめり込み、地下へ沈みつつある。一刻も早く周辺の土中深く壁をめぐらせて地下ダムを築き、放射性物質に汚染された地下水の海洋流出を食い止めねばならない」
そこでネット調べてみると、小出さんが映像出演されこのことについて語られている映像がありました。
http://mainichi.jp/select/seiji/fuchisou/news/20110620ddm002070081000c.html
メルトダウンを超え、メルとスルーを超え、まさにチャイナシンドロームのような状態ですね。



電力不足は嘘という小出さんと広瀬隆さんの話をまとめた映像像http://www.youtube.com/watch?v=j0lBBLlcbQw

そして今まさに節電ブーム、それはそれですがらしい事ですね。
政府もマスコミも電気が足りなくなるので節電してくださいって。
そして原発稼働か自然エネルギーか?二者択一を迫り、、、自然エネルギーは理想だが、すぐには無理でそれに向かうつつ原発も併用しないと、とりあえず経済が回らなくなるって政府は言うけど、ほんとにそうでしょうか?
小出さんと広瀬隆さんが現在のエネルギー事情について語っている映像があります。

フォークソングと詩

2011年05月31日 23:25

かつてのフォークソング好きの人はご存知の歌、今は亡き高田渡さんの名作「自衛隊のはいろう」がありました。歌は世につれ世は歌につれ脱原発の名作(替え歌)が生まれました。

無名のシンガーが歌う『倒(東)電に入ろう(ハイロ)!!』


こちらはなんと無名のアイドル「生服向上委員会」が歌う『ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会
凄いことになってきましたね。脱原発ブーム百花繚乱の時代です。




知人のアイヌ民族、宇梶静江さんが震災後に発表された詩があります。
心に響きました。
***********************************
大地よ
重たかったか
痛かったか

あなたについて
もっと深く気づいて
敬って

その重さや
痛みを
知る術を
持つべきであった

多くの民が
あなたの
重さや 痛みとともに 波に消えて
そして
大地にかえっていった

その痛みに
今 私たち
残された多くの民が
しっかりと気づき
畏敬の念をもって
手をあわす

参議院行政監視委員会でのスピーチ

2011年05月23日 21:21

2011年5月23日参議院の行政監視委員会「原発事故と行政監視の在り方」
小出裕章さんのスピーチです。
早速ユーチューブにアップしていいた人がいましたので早速ブログに使わせていただきます。
ありがとうございます。





最後にガンジーの7つの社会的功罪からの引用をシピーチに織りまぜられましたがユーチューブにガンジーの偉大なる名言集という映像もありました。


そして今日の参議院行政監視委員会の参考人は下記の人です
末松信介(行政監視委員長)
小出裕章さん(京都大学原子炉実験所)
後藤政志さん(元東芝、原子炉格納容器設計者)
石橋克彦さん(神戸大学・地震学・原発震災)
孫正義さん(東日本ソーラーベルト構想)
すべてのスピーチはこちらで聞くことが出来ます。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=5043&mode=LIBRARY&pars=0.7634752709418535


東日本大震災「つながり・ぬくもりプロジェクト」

2011年05月19日 22:40

5月の連休まっ最中宮城県南三陸に太陽電池設置で行ってきました。
グローイングピースの加入している「自然エネルギー事業協同組合レクスタ」「環境エネルギー政策研究所isep」での共同プロジェクトです。

連休の交通渋滞の中震災で未だに電気の来ていない地域への独立系太陽光発電システム設置です。

かつて20年前に広島から北海道まで原発のある地域を回ったことのがあります。三陸海岸の印象はとにかく海がきれい!と言う思い出があります。その海からの津波で今まで見た事もない町の様子になってる現実はなんとも言葉にもできません。
そしてこの町の近くには女川原子力発電所もあります。そんながれきの中インフラ整備として電柱がどんどんタケノコのようにたって行っています。しかしまだまだ手がまわっていない地域もあります。この地域の人たちの中には原発に反対していた人たちも沢山いらっしゃいます。ある立ち寄った人は、自分の奥さんと、孫を亡くして、隣町から避難されていると言う話しを聞きました。その人も今まで原発に反対してきて電力会社からの様々な圧力をかけれていたと言うお話を聞かせていただきました。今回かろうじて女川原発からの大量の放射能漏れはないようですが、今後、電気が回復しても、できるなら原発に頼らない電気で暮らしたいものです。
私たちは震災の避難場所になっている所に太陽光発電の独立系システムを設置して回っています。
ソーラーパネルとコンロトーラー、バッテリー、インバーターこれらを適切な量繋ぎ合わせる事で電線のない場所で電気を作り出せます。今回設置したスステムは390wぐらいのシステムですが、非常時の情報収集のためのテレビ、携帯充電、照明そのほかに充分な力を持っています。今回設置は出来ませんでしたが、太陽熱温水機の設置もこのプロジェクトでは行っています。太陽の光だけでお湯が沸かせる道具があるのです。これを有効に使わないてはありません。今後温かくなってくると大活躍する道具でしょう。被災地でどんどん活躍させて欲しいもんです。

阪神大震災の時と大きな違いの一つインターネットがあることでのボランティアや現状把握のための情報収集がスムーズに行われる。ということと、今回の震災を大きくした原因の原発と言うで電気を作る道具の破綻、そして放射能の拡散が終息しませんが、今世界には大きな発電所でなくとも自分たちで小さな発電所を作れるということも今回の特徴の一つです。
これらを生かして次の街作りに生かして行きたいものです。

現地の写真です。
IMG_4186.jpg
鉄道JR気仙沼線の駅が破壊

IMG_4021.jpg

IMG_4032.jpg
ユンボもゴミの中に埋没

IMG_4063.jpg


IMG_4037.jpg

IMG_4115.jpg

IMG_4125.jpg

IMG_4144.jpg
ガソリンスタンド開店中!

IMG_4157.jpg

IMG_4169.jpg
壁が紙のようにぺらぺらと

IMG_4097.jpg
ちょうどゴールデンウィークということもあり各地に様々なボランティアが一時の休息を届けに、、、フランス人シェフと和食職人が美味しい昼食を、お酒もあり2ヶ月の労をねぎらってのお祭りのような雰囲気でした。
ボランティアの私たちもご相伴に預かりました。けっして被災者を装ったわけではありませんよ。

IMG_4103.jpg

IMG_4108.jpg
ここの避難所には大きな仮説のお風呂もあります。運動会テントを上手に使い無垢の板で内装をし、プロパンボンベで作った薪ボイラーで湯を沸かすシステム。すばらしい。
大きな水の濾過装置もありました。一つ残念なのはこの建物を造った時に取り付けたと思われる太陽光発電の系統連携システムがせっかくあるのですが、故障で生かされていなかった事です。

IMG_4100.jpg
これは東北大学の学生が設置した太陽光発電の独立系システム

IMG_4044.jpg
こちらは私たちが繋がりぬくもりプロジェクトで施行した独立系システム。

IMG_4055.jpg

IMG_4093.jpg
IMG_4086.jpg
この場所はコンクリート部分の1階のみ残り、上の木造部分の2階3階部分は流され、上にブルーシートを被せ、下を利用し、回りの清掃作業などに役立てていらっしゃいます。
どこの避難所へもエンジン発電機で電気をまかなっていいるようでしたが、夜はうるさく切っていたそうですが、太陽光発電の電気が少しでも役立つ事を願いつつ帰路に着きました。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。