--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年06月27日 08:50

山口県内において上関原発いったん中止、凍結、その他原発計画に異を唱える自治体が増えてきました。

なんと広島県内にもその余波が届いています。
○広島県世羅町議会は23日、本会議を開き、山口県上関町に計画されている上関原発をはじめ全ての原発の新設、増設計画の中止を政府に求める意見書案を可決した。

 意見書では「東日本大地震と津波により福島第1原発は大事故に至った。原発の安全性は確立していない」として、原発の新設、増設はしないよう訴えている。既存の原発については、新たな安全基準を作り、総点検の実施を求めている。

スポンサーサイト

満月TV すばらしい市民メディアが活躍

2011年02月28日 21:17

突然素人が始めた市民メディアそして誰もが発信できる ユーストリーム
市民が今を伝えたいとおもっても、新聞社やテレビ局がここにいない!と言う事がいままでは沢山なりましたが、今では携帯電波と簡単なスマートフォンで誰でも映像と音声を発信する事ができるようになりました。
いまとてもホットな場所上関に関心を寄せている人々に生放送で伝えられています。
発信者はまったくの素人なので、発信する言葉も間違いや感情的な発言など多々あるでしょうがが、遠くから関心もってくれている人には少しでもリアルな情報として見てもらうことが出来ると思います。

上関原発予定地路区域からの放送

Online video chat by Ustream

上関原発予定地海域からの放送

Live Broadcasting by Ustream

工事が進んでいない時間帯には放送すとっぷしていることもありますのでご注意を。

中国電力による強行作業始まる

2011年02月25日 12:14

上関原子力発電所計画の田ノ浦で2月21日朝2時過ぎから現地田ノ浦にガードマン、作業員、中電社員、警察など約400人ぐらいいもしかして500人近くがやってきました。

夜中

砂浜にガードマンがの3Mぐらいの高さのある青いメッシュシートを砂浜に持ち込み囲い込み、その中に海を守ろうとする人たちが入れないようにし、中で単管パイプを組フェンスを作ろうとしました。そのフェンスにより、海岸に中電以外の人が入らないようにするという計画だったようですが、海の埋め立てをさせたくないと言う強い思いで工事を完成させることは出来ていません。そんな中でけが人が出たり、大小さまざまな体へのダメージをあたえる動きもありました。

フェンスで
スクラム
街の人気者

祝島の民意を無視してなにがなんでも工事を行いたい中電、しかし何が何でも海をこのまま残してもらいたい島民や全国各地から駆けつけた市民、残念ながら意見の一致は見いだせません。ですから一食触発状態の人と人の間で小競り合いになてしまします。
押さえ込まれる2


電力会社は法律に基ずき自分たちの手順を踏んで進めていると言います。保証もしてあるといいます。しかし、祝島島民は一銭もお金を受け取られていません。

法律の基づいているというこの計画を私たちはただ手をこまねいて見るしかにのでしょうか?

私はそうは思いません、そうはできません、なんとか工事をやめてもらうために出来る限りの事を行いたいと思います。非暴力で様々なやり方で行いましょう。

工事にやって来ている作業員は多くが、こういう反対派と対峙する場所での作業とは知らされていなかったようです。
来てびっくり、様々な思いがあったようです。この光景に涙が出そうだと言った若者もいました。
自分は海に潜るのが好きだからわかる。本当にきれいな場所だ。原発のことはほとんど知らなかったが、今回勉強できた。などと言う会話もありました。中には指示された仕事を速く仕上げたいと言う思いで、強行に進めようとして、相手を締め付けたり、押しのけたりと言う場面もありました。
押さえ込まれる

押し合いになっている場面では、これ以上作業を進めるとけが人が出る可能性があると、警察が作業の指揮者に対して作業を中止させてくれ!と必死で叫んでくれた場面もありました。それでも指揮者はすぐに注視を指示せず、警察が必死で「作業を早く中止させろと!」叫び続け、やっと作業中止になった場面もありました。

2日目にはオイルフェンス(作業区域をはっきりさせるマーカーの役割と海を守る漁船の侵入を防ぐためだと思われる)を海に浮かべたのですが、その先のロープをファーフボードにのった島の女性がララダに縛り付ける阻止するという直接行動を行い昼前から夕方まで長時間海に浮かびっぱなしで守りきったのです。
ロープ

岸の方でもカヤックで作業を中止してくれるよう頼み続けました。
フェンス

そして最後には数人が病院に運ばれると言う事態になってしまいました。
けが人


島民が命がけで守り続けている海、全国の人たちも島の人たちを応援したい、そして自分のこととして、あまりにもリスクの多い原発をこれ以上作ってほしくない、自分と繋がる上関の海を次の世代に引き渡したい。ここの海だけでなくあまりにも沢山の海や山が今まで壊され私たちの豊かな生活を築いて来たんですが、これからは数少なくなったきれいな海や山を残して今までと少し違う豊かさを求めていけるといいな~。

◎祝島島民の会blog
http://blog.shimabito.net/

◎虹のカヤック隊blog
http://ameblo.jp/nijinokayaker/

◎Ustream陸域現場から中継 
http://www.ustream.tv/channel/満月tv
◎海域現場から中継
http://www.ustream.tv/channel/kaminoseki-umi
◎一つの画面で2つ見ライブを見れるサイト
http://www.ustwrap.info/multi/7222191::7083136


◎上関陸,海、そして沖縄高江3ポイント同時中継サイト
http://www.ustwrap.info/multi/7222191::7083136::6876846


山口県上関と沖縄県高江

2011年02月16日 10:58

世界ではエジプトの民主化が各地に飛び火していりょうですが、日本でも各地でリスクの大きい原発や軍事基地よりもきれいな自然を残したと体をはってアクションしている人たちがいます。

若者達が沖縄で上関原発問題を訴えました。そして高江のヘリパット基地を建設させないアクションに参加した模様がQAB琉球朝日放送の密着取材を受けています。
ココまで踏み込んだ放送はすばらしい!こういう報道をどんどんしてほしいですね。
その模様がネット配信中です。
http://www.qab.co.jp/news/2011021525873.html
九州地方全域では今日(2/16日)放映されます。
番組名は 九州ネット『スーパーJチャンネル九州・沖縄』
時間18:18~18:28

上関の田ノ浦でも、現地の様子をリアルに知ってもらうためにユーストリームで随時中継しています。
http://www.ustream.tv/channel/kaminoseki-umi

11月6日 ドイツで放射性廃棄物の輸送反対で数万人規模のアクションがおこなわれた。

2010年11月09日 16:19

ドイツでは脱原発を推進していましたがここにきて既存の原発の延命を打ち出しました。
しかし国民はそれに反発して様々なアクションを繰り広げているようです。

◎asahi.com使用済み核燃料輸送に抗議 道路に大勢座り込み ドイツ

◎MSN核廃棄物輸送で大規模デモ 

◎CNN核廃棄物の輸送に抗議デモ、負傷者も ドイツ

◎AFP BB News核廃棄物の輸送列車を阻止、ドイツ

◎iran japanese Radioフランスからドイツへの放射性廃棄物の搬出に市民が反対

◎SHIKOKU NEWSドイツで核廃棄物輸送へ抗議激化/2万人が阻止狙う



◎ユーチューブ:ドイツ:高レベル放射性廃棄物輸送阻止闘争が高揚


田ノ浦が危ない!!

2010年10月17日 00:14

上関田ノ浦での原子力発電計画の早期中止にみなさんの力を!!
すでにネット上で話題になっている上関原子力発電所計画による「田ノ浦」の埋め立て工事を始めようと中国電力が作業船を出してきています。
しかし祝島島民や、虹のカヤック隊の若者達、全国から駆けつけた人たち、そして全国で様々な取り組みを始めた人たちの力(ピープルズパワー)全開で、まだ埋め立て作業は始まっていません。

詳しい近況は
虹のカヤック隊http://ameblo.jp/nijinokayaker
祝島島民の会ブログhttp://blog.shimabito.net/

そして今ある様々な取り組みの一部を紹介します。

◎-1「広島ー上関リンク」cop10に向けてインターナショナルトリビューン紙に英語の意見広告を出すプロジェクトですが、ものすごい反響をいただきカンパ金も集まり発行を待つばかりですが、この反響をもっと世界に広げようと世界各地の賛同団体も集まってきています。
詳しくは下記参照
http://ameblo.jp/nonukekaminoseki/

◎-2「上関原発建設中止を求める、ジャーナリスト・言論文化人の会」の緊急声明も出されようとしています。
下記転送文

■いつも私たちを支えていただいている皆様へ、ご賛同のお願い。
中国電力がいよいよ山口県上関町の田の浦で、上関原発建設のための埋め立て工事を
強行し始めました。
私たちは急遽「上関原発建設中止を求める、ジャーナリスト・言論文化人の会」を設
け、緊急の工事中止呼びかけを、政府と中国電力に向けて行いたいと思っておりま
す。
この緊急声明は、10月17日(日)には、政府と中国電力と、そして各メディアに送る
予定です。
文面の現在案は以下の通りです。呼びかけ人として、現在 週刊金曜日の平井康嗣編
集長と私DAYS JAPAN編集長の広河隆一が手分けして作業を行っています。
ご賛同いただける方は、お名前を掲載させていただきたいと思いますので、至急ご返
事を頂ければ幸いです。(Eメールでご返信いただく場合は、件名に「上関原発反対
声明」とお書きください)
連絡先 E-mail: hirokawa@daysjapan.net fax: 03-3322-0353
2010年10月15日 広河隆一
この文は、15日現在の案です。

内閣総理大臣 殿
経済産業大臣 殿
?中国電力 殿
「上関原発建設中止を求める、ジャーナリスト・言論文化人の会」の緊急声明。
私たちは、山口県上関町田の浦に、中国電力が上関原発を建設しようとして、いよい
よ埋め立て工事に乗り出したことを知り、いてもたってもいられず、工事の中止を求
める緊急声明文を準備しました。
上関原発が建設されようとしている田の浦は、希少動物の宝庫として知られていま
す。
生物多様性のモデル地区と言われるこの地域は、瀬戸内海でも珍しく自然海岸が残さ
れてきた地域でもあります。そのためここには多くの天然記念物や希少生物が息づい
ています。
原発に最も近い、対岸の祝島の漁民は、30年間近くも建設に反対し続けてきました。
それは子孫に豊かな自然を残したいという思いからのことです。
私たちが失おうとしている自然は、取り返しのつかないものです。
しかも今中国地方で、原発建設を強行しなければ電力が不足するという報告もありま
せん。
この一帯が地震帯であることも、私たちが反対する理由の一つです。
ひとたび事故が起これば、それは上関町だけの問題ではなく、山口県、そして中国地
方から四国・九州・関西にまでまたがる広域の問題となることは、25年前に起こった
チェルノブイリ原発が実証しています。
中国電力には、田の浦の埋め立てをすぐに中止し、自然と未来を破壊する原発の建設
計画を放棄するように求めます。
政府には、原発推進政策を直ちにやめて、自然エネルギー推進政策をとるよう求めま
す。
呼びかけ人
広河隆一(DAYS JAPAN編集長) 平井康嗣(週刊金曜日編集長)池田香代子
(翻訳家)
賛同人:
皆様の名前を並べさせていただきます。
上関原発反対声明1

上関原発反対声明2

◎-3COP10の会場で7セブンジェネレーションウォークの人たち数名が断食を決行
http://blog.7gwalk.org/

★その他様々な市民のアイデアと力で生物多様生の田ノ浦を私たちの未来に引き継げるよう力を注ぎ込みましょう!!!

広島・上関 リンク

2010年10月10日 06:50

たのうら4

広島発の海を守るプロジェクトが始まりました。
10月11日から始まる生物多様性世界会議COP10がはじまりますが、これに会わせて、海外の英字新聞に生物多様性の宝庫ホットスポットである田ノ浦を埋め立てる上関原子力発電所計画のことを多くの人に知ってもらおうと、新聞への意見広告をだす計画です。

新聞3/1の紙面120万円の寄付募集が始まっています。
みなさまのカンパでこのプロジェクトを成功させましょう。
たのうら7

詳しくは下記をクリック!
広島・上関 リンク 公式ブログ
たのうら13

◎日本で行われる今回のCOP10にあわせ経団連は生物多様性宣言をおこなっており、このパートナーズには日本の大きな企業が沢山並んでいます。
これらの企業が本当に生物多様性を重んじる企業であったなら今のような世界にはならなかったと思うのですが、今後これを企業理念として動いてもらいたいものです。

さしずめ緊急のお願いしたいことは、生物多様生を犠牲に計画されている中国電力さんの上関原子力発電所計画はすぐにやめてください!!
日本経団連生物多様性宣言
日本経団連生物多様性宣言」推進パートナーズ

8月6日ピースウォーク

2010年08月03日 23:00

被曝から65年目の夏ですが、今年も昨年に続き原爆ドーム前から中国電力本店前までのピースウォークの企画に参加します。今年はとりわけ核兵器廃絶の声が高まっている年ですね。世界への核兵器廃絶の声を発信し続けている街「広島」そして日本ですが、その反面で、原子力発電を推進している国、そして「広島市」も原子力発電にノーコメントです。原子力発電が増えるということは核拡散という面も確実に持ち合わせています。
私は人類と核は共存できない!早く本来の核廃絶に向け原子力発電も無くすべき!新規立地は人類にメリット無し!早く自然エネルギーへの転換を進めて行きましょう。というメッセージを被爆者への追悼の気持ちと共に発信して行きたいと思います。
多くの参加をお待ちしています。
20108.6ピースウォーク

上関と祝島

2010年06月10日 10:03

昨年9月10日から全国に広がった上関原発阻止にまつわる映像をひろってみました。
(祝島島民の人たちにとっては、30年もの非暴力での阻止行動が続いています。)

祝島をテーマの映画が2つ上映中です。
◎「祝の島」
祝の島チラシ

太古の昔から変わらぬ暮らしと原発問題に揺れる暮らしが織りなす島、そんな島の暮らしにこれからの私たちの暮らしも考えさせられます。涙と笑いがある映画(映画の基本)
すばらしい映画です!ぜひ沢山人に見てもらいたい映画です。
全国津々浦々までこの映画が上映されるといいな~
祝の島オフィシャルサイト

6月19日から7月19日までロードショー!!
場所:東京「ポレポレ東中野」&広島「横川シネマ」
祝の島スケジュール
◎「ミツバチの羽音と地球の回転」
ミツバチ
今一番気になる環境問題「原発」その最終処分場を押し付けられた青森県六ヶ所村。鎌中ひとみ監督はそこで施設関係で働く人とそれに反対する人を描いた映画「六ケ所村ラプソディー」を製作し、多くの人たちに核の危険性を気づかせました。そして今回の作品は原発着工予定の上関原子発電所計画に反対している祝島と持続可能な社会へ向けたエネルギー政策を対比させながら私たちのこれから進むべき道を考えさせる映画。
ミツバチの羽音と地球の回転オフィシャルサイト
上映情報

◎虹のカヤック隊ブログ
昨年9月10日、埋め立て海域を示すブイ設置のために田名埠頭からブイの搬出作業阻止行動に祝島漁船と共にシーカヤックで参加その後、カヤックというレジャーボートの新たな使い道が切り開かれた。きれいな海を守るための道具としてのカヤック。上関原発計画は全国に広がりを見せた。そして多くの若者がカヤックでの阻止行動の参加、現在原発予定地「田ノ浦」にて埋め立ての監視を行っています。
カヤック隊ブログ
虹のカヤック隊ブログ

◎上関原発予定地に関係した映像
uminomukoukara60 スナメリチャンネルhakunamatataTJ

『上関原発史』


『Sea Kayak Point 田ノ浦海水浴場 2010』


『私をここに埋めてください」 上関原発 阻止行動 2009.11.8』


『柏崎市からのメッセージ~原発がきて町がどうなったか~ 2010.2.10』


『上関原発 国会議員がやってきた 2010.5.4』


『田ノ浦トレッキングコース 2010』


『上関原発が建てられない理由~漁業権は財産権~ 2010.4.5』


『「祝の島」の旗を描く 2010.5.5)』


『100516原発推進団体とプラカード 田ノ浦にて』


◎NHKでも興味深い番組が放送されました。
『原発"に揺れる町~上関原発計画・住民たちの27年~(1)』

※2~3もUPされています。

『ふるさと発スペシャル 瀬戸内 いのちのうみ 「ふしぎ!!の海(1)}』

※2~6もUPされてます。

原発よりも命の海を!72時間ハンスト(断食)

2010年03月10日 21:55

「原発よりも命の海を!72時間ハンスト(断食)」のお知らせ


ブログ参照
http://ameblo.jp/nonukes-hunst/entry-10476013100.htm


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。