--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本地震災害へ独立電源を

2016年05月06日 18:29

熊本に行ってきました。
先日熊本に住んでいる友達の紹介ということで一つの電話がありました。
地震で家が壊れ別のところに土地を手に入れている場所に古いキャンピングカーがありそこで生活をしているので、電源が欲しい、、、、という話でした。

2011.3.11の時には自然ネネルギー関係の仲間で電気の来ていない地域に独立型電源を設置するというプロジェクトをおこなったことがあったので、今回熊本への支援はできないだろうかと相談したところ、手作り太陽電池で国際支援を行っている「国際協力NPOソーラーネット」からプールされている資金を利用したらない資材を調達、デッドストックのパネルなどを積み込み、熊本に行くことになりました。
ソーラーネットのブログ


バッテリーは今回、九州大分の「かのうシルバーサービス」から提供していただきました。

ちょうど同じ時期に熊本でロケッットストーブを作りに行くを計画していた友達と一緒にハイエースに支援物資その他の材料をめいっぱい詰め込んでのいざ熊本へ

まず向かったのは南阿蘇市の知り合いの所、吉田俊郎さんの「種まきハウス」一時的な断水や敷地に大きな石が落ちてきたりというようなことは少なからずあったそうですが、幸い大きな被害もなく、暮らしそのものをoff gridにシフトする試みをしていたりで、暮らしが大きく不自由になることはなかったそうです。今ではつながりのあるところから送られてきた物資を被害地域へ届けたり、ボランティアで訪ねる人たちのサポートなどをされています。
私たちもすっかりお世話になりました。

次の日には知り合いが立ち上げた「南阿蘇よみがえり」という支援団体に向かい、一緒に行ったちゃん山が持ってきた支援物資を届け、一斗缶で作るロケットストーブを役立ててもらおうということで、3台を製作。
IMG_4459.jpg

IMG_4480.jpg

IMG_4466.jpg


後日この場所にもソーラー電源のセットを設置しました。
IMG_4599.jpg

IMG_4598 (1)

IMG_4459.jpg

連休などボランティアの人たちが増えた時などの携帯充電などに使いたいということでした。

次の日は今回行くきっかけになったキャンピングカーへの独立系電源の設置。
森を切り開いた何もない場所でキャンピングカー1台からの暮らしですが、小さな電源が少しでも役立てばうれしいいですね。
IMG_4512.jpg

IMG_4505.jpg

IMG_4504.jpg

IMG_4508.jpg

次に日には古い友人の子供であるあけるちゃん(関東からの移住者ですでに5人の母)からの提案で子供たちは学校が休みになっていているので、一緒にロケットストーブを作るワークショップをして欲しいという要望。何も準備していなかったのですが、もしかしたら少しでも役に立てればと思い、急遽子供と一緒につくるロケットストーブのワークショップを行いました。
まずは世界で一番使われているといわれているスリース トーン ストーブ(石を3つだけ置いて使う原始的なもの)を作り、ちゃん山オリジナルの一斗缶ロでつくるロケットストーブとレンガを組むだけでできるストーブ、出来上がったストーブでご飯や天ぷらを作り、昼ご飯をいただきました。
美味しかった。
IMG_4562.jpg

IMG_4532.jpg

IMG_4541.jpg

IMG_4567.jpg

IMG_4522.jpg

IMG_4560.jpg

この集まりの最初に自己紹介をしてもらい、みんなどんな被害があったのかも一緒にお聞きすることができました。ほとんどの人がお皿などが落ちてこわれた。家のなかは危ないので一時的に他のところに避難していた。東関東大震災のときもそうだったけど、子供の精神状態が不安定になった。家がいつ壊れるのか不安があり、庭で暮らしているという人。などなど、やはり地震の心配と、稼働中の原発に対する不安を抱えながらの生活のようです。

もう一箇所独立電源システムを設置したのは、阿蘇郡産山村の横溝さん宅です。ここも震源地に近く、揺れはかなり大置きかったそうで、ちょうど家の中を改造中で仮付けした梁が落ちてきたり、ストーブの煙突が離れてしまったり、お風呂の床に地割れができたりと被害はあるものの、地震さえなければ中で住める状態のお宅、そして地震が強い時はすぐ脇の広い空き地に近所の人たちが非難されてくるような場所です。そういう時には独立電源を共有し、携帯の充電やちょっとした照明に使ってもらえそうです。

IMG_4727.jpg

IMG_4724.jpg

IMG_4720.jpg

IMG_4719.jpg

IMG_4718.jpg

近所が震源地になった6時間ぐらい前にとっても珍らしい雲を見たそうです。
(カメラの中の写真で見えづらいけど、確かに普通ではない雲に見えました)
IMG_4739.jpg


この阿蘇周辺には福島原発以後放射能を避けるために多くの人たちが移住してきている地域で沢山の知り合いもいました。
今回友達になれた人たちもいます。
みんなできるだけエネルギーは自給したいという思いで暮らしていた人達です。なかにはすでにかなり自給体制ができていて今回の地震でも特別大きな被害はなく、周りへの支援をしたりしている人達もいます。

現地では電気の復旧は早く、まずは各地の電力会社が電源車を持ち込み、送電線に接続し、電気を流し、それと同時に配線網の復旧を行い驚くぐらい早く復旧するようです。しかし行った時には時々停電がある状態でした。

停電時や家がなくなった人などは独立電源は必要なんでしょうが、今どうしても独立電源が必要という場所はそれほど多くはない気がしました。しかし再び配電網が切断されるような地震がある場合などの備えとしてはとても役立つ道具なので、もしも今後どこかで必要な場合にはできるだけ対応したいとソーラーネットでは考えています。

阿蘇の着いて一番に目に付いたのは多くの自衛隊車両です。災害がある時にはとても力強い仕事をしてくれているのでしょうが、なんで迷彩服をきているのか疑問です。もっと救助隊的な分かりやすい服装にした方がいい気がします。

IMG_4602 (1)

IMG_4455.jpg

IMG_4668.jpg

IMG_4650.jpg

揺れの大きかったところでは軒並み石碑やお墓が倒れていました。
IMG_4640.jpg

IMG_4624.jpg

IMG_4611.jpg

IMG_4634.jpg

IMG_4605.jpg

阪神大震災の時から東日本大震災の時にも、すぐに駆けつけて親子カフェということで、子供の保育所のようなことをボランティアで行っていました。大人たちは自宅の片付けその他で大忙し、保育園も、学校もやっていない時にとても助かるボランティアだろうなと思いました。まだ定住できる宿泊場所ないままでもボランティア活動、そして支援はまだまだ長期的に考えられているようでした。
もしも子供たちにできる支援のアイデアがあるひとはぜひ連絡してみてください。
IMG_4666.jpg

自宅に住めなくなった人の仮設住宅として使ってもらいたいということで、建てられたものです。4Mの貫材を組みあわあせて作ります。屋根は防水のテント生地で作られています。
もう少し屋根の勾配がある方が、雪にも対応できていいのになんて思いましたが、素晴らしい建物です。

IMG_4676.jpg


今回の短い熊本の旅を終えて
阿蘇山近辺に住んでいる人たちにとって広大で美しいカルデラの風景はとても他では手に入らない大切なものだろうと言うことが容易に想像でるすばらしいとこです。

たくさんの有機農家がいて、自給自足的暮らしを目指している人たちもたくさんいるいいとこですね。

IMG_4681.jpg

IMG_4495.jpg

IMG_4452.jpg


現地での地震への不安と同時に原発への不安、地震は人の手ではどうにもならない出来事ですが、原発への不安は人の手で取り除けるものです。一時も早い仙台原発の停止と伊方の再稼働の中止を願うばかりです。
そして皆さんの日常が早く帰ってきますように。
スポンサーサイト

人間は発展するためにではなく幸福になるために生まれてきた。 

2013年05月16日 21:58

ずいぶん前の話ですが、リオで行なわれた「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」
ここで、話題となったスピーチになったセヴァン・スズキのスピーチは伝説と呼ばれました。
http://www.sloth.gr.jp/relation/kaiin/severn_riospeach.htmlが、
もう一つ伝説としなければならないすばらしいスピーチがあったことを知りました。
個人資産は、ワーゲン(1987年製のビートル)と農場のみというウルグアイ大統領「ホセ・ムヒカ」通称エル・ペペ氏のスピーチです。


会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?
質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億~80億人の人が出来るほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。
私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、エピクロス、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています
「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。
根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。
幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。
<ここまで>

参考URL

スピーチの内容(打村明さんノブログより)
http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/

新聞記事「報酬の大半を寄付」
http://paipu.eshizuoka.jp/e987454.html

100,000(10万年)年後の安全

2011年02月08日 13:50

私たちは10万年後の未来に思いをはせなくてはならないのです。
と言いながらも想像がつかない時間ですよね。

10万年前と言えば、人類がアフリカ大陸から出て中東からヨーロッパ世界に広がって行った時期だそうです。

ホモ・サピエンスが20万年前
旧石器時代のクロマニヨン人が3万5千年前に誕生
1万6千年前に縄文人
日本列島がほぼ今の形になったのが1万前年前とされている。

便利な今の暮らしを支えている電気エネルギーこの日本では1/3が原子力です。
その原発が動いた後の核廃棄物日本ではその処分方法がいまだ決まっていません。

今盛んに「地層処分」をしたいということで、全国でトークセッション、パネルディスカッションなどを経済産業省が行っています。たしかし今すでに現存する廃棄物の後始末は真剣に考えなくてはなりませんねん。
しかし、未だかつて最後の後始末方法が決まっていない危険物質を出し続ける原子力発電は早くやめてもらいたい。ましてや今後新規立地は行わないでもらいたい。
10万年後の会うこともできない子孫にのためにこれ以上の核廃棄物を生み出さないでほしいと言う願いでいっぱいです。

そんな原子力の高レベル廃棄物の世界発の処分場がフィンランドに作られているそうです。
http://www.tnlf.jp/movie_into_eternity.html
世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場とはどんな物なのか?
人類は10万年もの耐久年数をもつ人工物を作ることが出来るのでしょうか?

ぜひ全国で上映してもらいたいですね。

100,000年後の安全 
■ 原題:INTO ETERNITY
■ 監督:マイケル・マドセン ■ 出演:マイケル・マドセン
■ 2009年 デンマーク/フィンランド/スウェーデン/イタリア
■ 75min ■ 言語:English ■ 提供:アップリンク

2010年 パリ国際環境映画祭グランプリ
2010年 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭・最優秀グリーン・ドキュ
メンタリー賞
2010年 コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭・有望監督賞

東京で上映
http://www.cinra.net/news/viewer.php?eid=8441&id=2

NHKドキュメントでも放映 
2月16日午後11:00~11:50
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/110216.html

100,000年後の安全 

アースデイ瀬戸内2009

2009年04月21日 22:40

「アースデイ瀬戸内2009」が今年も行われました。

コンサート

おひさまcafe

グローイングピースは毎年ソーラーでオーガニックなカフェ「おひさまCafe」を出展しています。


自然エネルギーの時代

こんかいのアースデイテーマは「エネ自慢だよ税員集合!」グローイングピースのテーマは
いつも「自然エネルギーの時代が来た!」


ソーラークッカーケーキ

ソーラークッカーでおいしいケーキが焼けます。

サニークッカー

最新の折りたたみ可能なソーラークッカー「サニークッカー」



風車

今回はソーラー日和で風車は風見鶏に、、、。

全体


wvo

こんな車もありました。
天ぷら油そのままで走る「ダットサン・トラック」と燃費リッター50キロ走る名車「スーパーカブ」


電気カート

シニアカーが「エレクトリック・キッズ・カー」に変身!会場を所狭しと走り回って暴走気味のキッズもいたりして、、、、。

☆今年も楽しい「アースデイ瀬戸内」でしたが、さて来年はどんなアースデイになるか?
自然エネルギーが増え、ここの会場山口県光町のすぐ近く上関にはスナメリやカンムリウミスズメがいっぱいになっているといーな~!

環境作戦会議

2009年03月08日 22:07

東京で面白そうな会議があります。
なんとタイトルは「バカでもできるもん!!環境会議」

こんな集まりが各地でおこなわれるようになると日本もおもしろくなるかな?
グローイングピースも応援します。

環境作戦会議

大問題チラシ


この大問題地図をクリックすると日本の大問題がわかると言う仕組みです。

温暖化と原発

2009年02月25日 17:34

不都合な真実
以前このブログでも「不都合な真実」を紹介しましたし上映会も行いましたがもしかして温暖化人為説って間違い?

昨年の夏にでた「週刊朝日」私はまだ読んでいませんがアル・ゴア氏の原発利権についてかかれているようです。
週刊朝日

温暖化と原発
日本でも温暖化につて多くの人の関心が集まるようにになり様々な対策が考えられています。その一つの目玉が原子力発電におかれています。

ちょっとまっった。「トイレのないマンション」などと言われる原発が温暖化対策とはリスクが大きすぎます。

そこで温暖化と原発についてかかれた京都大学原子力研究所の小出裕章氏の「原子力の場から視た地球温暖化」という興味深い文章があります。

是非一読をおすすめします。

グリーン電力
太陽光発電の買い取り価格は2倍になりヨーロッパなみになる可能性がありますが、一方昨年から経産省が始めたグリーン電力には原子力発電も入っています。
原子力発電がグリーン電力ってこれはないですよね。

温暖化対策=グリーン電力=原発 ちょっと問題ありです。




WVO化計画

2009年02月11日 21:29

引き続き雑誌オールドタイマーの紹介です。
車をWVO化する計画であこがれのハイエースワゴンを手に入れ、車の改造計画を立てている所です。
この2月号にもWVO車の事に触れた記事が若干あり購入しました。
それにしても読ませる雑誌です。この号は家族を繋ぐ絆物語ということで、車による絆の特集です。なんで車で絆が?ふ~ん、へ~、車と言う物がこんなにも深い物語を作り出せる物だと、最後まで感心させられました。
それにしても、この雑誌の記事読ませる文章力、すばらし~!

こんな雑誌を読みながら私もこれから深い絆が出来るようにかわいがってやろうと思う今日この頃です。

BDFの場合は車の改造は無しですが、SVOとWVOの場合燃料の粘度を下げるためにエンジンに入る前に濾過装置と加温のための改造を伴います。
 BDF=バイオディーゼル燃料といい植物性の燃料全体のことをさしますが、通常廃食油をアルカリ    触媒で精製し、粘度を下げた燃料の通称になっています。
 SVO=ストレートベジタブルオイルといい、植物のバージンオイルを直接エンジンに入れ使用しま    す。特にヨーロッパなどではひまわり油などのバージンオイルを使う事が多いようです。
 WVO=ウェストベジタブルオイルといい、廃食油を濾過した物を直接燃料に使う方式。
    天ぷら油のリユースですね。

暖かくなる頃には天ぷら油の匂いのするマイカーに変身の予定です。

 
 





Old-timer (オールドタイマー) 2009年 02月号 [雑誌]Old-timer (オールドタイマー) 2009年 02月号 [雑誌]
(2008/12/25)
不明

商品詳細を見る

WVO化計画

2009年02月11日 18:34

Old-timer (オールドタイマー) 2008年 12月号 [雑誌]Old-timer (オールドタイマー) 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/10/25)
不明

商品詳細を見る

雑誌好きな私ですが、特別車が趣味でもないし、きれいな表紙だな~て思っていましたが読んだことはありませんでした。

読むきっかけは、我が家のハイエースを天ぷら油で走らす計画中(WVO化計画)でこの本にその記事が載ってるよと言う事で、初めて購入してみたわけです。

まずは興味のあるページから読み、せっかく買ったんだから他の記事でも読むかって読み始めたら、ぐんぐんと引きつけられ一気にすべて読んでしましました。
この雑誌の哲学がおもしろい。ただの車マニアと言うだけでなく、車と言う「物」を愛している人たちの話がいっぱいです。
その心は、「車」だけでなくすべての「物」に通ずるものです。

まさに「もったいない哲学の本でもあろうと思ったしだいです。

電気自動車

2009年02月08日 20:35

昨年、偶然見つけた面白いDVD『だれが電気自動車を殺したか』ev1

この映画ではGMが1996年に開発した電気自動車「EV-1」この車がレンタルされ多くの人に人気を博していた。スタイル抜群、走行距離もそこそこ、スピードだってポルシェと坂道で競争できたって話もある。カリフォルニアとアリゾナ州で1200台が販売され、長いウェイティングリストまでできる状態だった。そんな評判の車が2003年のある日突然すべての車が回収された。果たしてそれはなぜか?ということをドキュメントした映画です。
そのウラには大きな政治的力が働いていたようです。

そして昨年の石油価格の高騰で燃費を気にする消費者も激増しましたね。メーカーはこぞって電気自動車の開発に入っています。今年いくつかの電気自動車が市場に投入されることになっていますね。

今日のニュースではあのGMについて【ニューヨーク3日時事】極度の経営不振に陥っている米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は3日、家庭用電源で充電可能なプラグイン型電気自動車(EV)の実用化に向けた包括計画を発表した。と言うニュースがあった。

ガソリンがぶ飲みの自動車の固守していたGMも昨年の経営不信とオバマ政権のグリーンニューディールに対応すべく再び電気自動車の投入にあいなったという事のようですね。

では本当に電気自動車は環境に優しいか?私なりに調べた所によると、原油を運び、発電し、送電した電気を充電した場合、約27%が動力エネルギーになり、ガソリンエンジンの場合の動力エネルギーは約15%だというデーターがあります。

しかしそれに伴い電気の需要が増え、化石燃料を使う発電所が増えると、これまた厄介な問題も起きてきますね。とくに原子力発電所が増えるとなれば、これは本末転倒とも言える事態にもなります。

電気自動車の充電は自然エネルギー発電所の開発と同時進行してもらいたいですね。

それにしてもこの映画「車」「エネルギー」「環境」「社会問題」「平和運動」などの視点から興味深い映画です。



「原発はクリーン」JAROの裁定は、、、

2009年02月08日 13:36

共同通信から出ている記事を下記に紹介します。
二酸化炭素削減と言う観点から原発が見直されつつあるようですが、これ以上未完成の発電技術を作り続けることは、あまりにも無謀です。
だって使用済みの低レベル放射性廃棄物を300年、高レベル放射性廃棄物を100万年管理し続けなくてはならないという、、。だれが管理するかって?それは私たち人間の役割ですね。

みんなの家庭に届いている電気のについてそして原子力について少しでもどういう物なのか知る事が必要ですね。
そして私たちのエネルギーをどうして行きたいか考えましょう。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
「原発はクリーン」不適切と裁定 電事連広告にJARO裁定
2009年1月30日 20:10 カテゴリー:社会
 電気事業連合会(電事連)が雑誌に掲載した「原子力発電はクリーンな電気のつくり方」という広告のコピーについて、日本広告審査機構(JARO)が「原子力発電にクリーンという表現を使うことはなじまない」と裁定し、電事連に表現の再考を促していたことが30日、分かった。

 裁定は昨年11月25日付。JAROが原発の広告について、再考を求めるのは異例という。
共同通信から出ている記事です。
 JAROは神奈川県の男性の苦情申し立てを受け、学識経験者7人でつくる審査委員会で審議。「安全性について十分な説明なしに、発電時に二酸化炭素(CO2)を出さないことだけをとらえて『クリーン』と表現すべきではない」と結論づけ、電事連に通知した。

 申し立てによると、広告は昨年4月発行の雑誌に掲載された。男性は翌月、JAROに「事故時の放射能汚染の危険性があり、到底クリーンとは言えない」と申し立て。電事連は「発電の際にCO2を出さないという特長をクリーンと表現した」と説明していた。

 裁定には法的拘束力はなく、広告内容を変更するかは広告主の判断に任される。電事連は「裁定を受けたのは事実だが、中身についてはコメントできない」としている。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。