--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千羽パネルプロジェクト

2009年08月10日 10:14

「千羽パネルプロジェクト」第一弾完成のご報告です。

 この度は千羽パネルプロジェクト第一弾「京橋川白潮公園編」へご協力いただき、ありがとうございました。
 京橋かいわいあしがるクラブのみなさま、白島町内会のみなさま、そのほかこの企画に賛同する全国の多くの方々のご協力によって、千羽パネル第一号を無事設置することができました。
 
 千羽パネルプロジェクトは、核被害に遭ったこの街において、自然からのエネルギーを自分たちで作り利用することが、平和を作ることの一つに繋がるという思いで出発しました。
 今後も広島市内に、この「手作りソーラーパネル街灯システム」をひとつ、またひとつと設置してゆく企画です。
 小さなソーラーパネルに込められた大きな平和への思いが、ここで亡くなったたくさんの方々の魂を慰め、また、ここを訪れる多くの人達の心に届くことを願っています。
 戦後64年を迎え、平和は手放しでは大きく育たないことを強く感じています。
この外灯が、武力ではなく、自然の恵みを大切にいただき皆で平和を育てるきっかけになれば、この外灯はますます本当の光で私たちを導いてくれるものと信じます。

 どうぞ末永く手入れをしながら、この街灯を灯し続けていただけると幸いです。

街灯の全景です。
11全景

基礎
1基礎

施行のようす
3施行

コントロールボックスにはコントローラーとバッテリーが入っています。
5コントロールボックス

この公園には夕方になると沢山の人たちが犬の散歩にやって来ます。
4コントロールボックス

夕闇の中手作りソーラーパネルが作った電気で優しい光を灯します。
6夜景

街灯の引き渡しを行った慰霊祭のポスター(何とも言えないユニークなポスターに驚きでした、、、)
7慰霊祭ポスター

慰霊祭の様子
9慰霊祭
8慰霊祭

街灯、慰霊碑、手作りソーラーパネル
10全景
スポンサーサイト

8/6ノーニュークス・ピースウォーク

2009年07月20日 14:02

今年広島は64年目の原爆記念日を迎えます。
兵器廃絶に向けた動きは活発になってきているように思いますが、その反面、温暖化防止と平和利用と、いう名の元、原子力発電所建設計画も活発になっています。

広島、長崎の原爆被害、チェルノブイリ原発事故、イラクでの劣化ウラン弾被害、など取り返しのつかない事故からの教訓は、「に平和利用はあり得ない」と言うことも一目瞭然なのですが、、、。

ウラニュウムを掘り出す時から、廃棄物の処理に至るまで(廃棄処理技術が確立されていない)のあらゆる場面で被曝というリスクを抱えています。

8月6日広島には世界中から多くの人たちが兵器廃絶の願いと共にやって来ます。
しかし、同時に多くの平和運動に携わっている人たちの疑問が原発の問題が取り残されていることです。

今年は特に、山口県上関原子力発電計画に伴う現地出の樹木伐採が始まりました。秋には埋め立て計画もあります。
なんとしても、きれいな海を守りたい、自然を残したいという思いを、原爆記念日に広島でアピールしましょう。

すべての場所で被害のない世界を!


クリックすると大き名チラシになります。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。