--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お日様でお湯を作る

2012年05月14日 11:31

最近急激に注目度が増えている太陽光発電ですが、その陰で忘れ去られそうになっているのがソーラー温水器です。温水器を取り外し太陽光発電を敷き詰めると言う例もたくさんあるそうです。

ソーラーシステム振興協会の資料を見ると1980年をピークに若干の浮き沈みとともに下降し続けています。


電気を作るのもいいけど直接太陽でお湯を作るのはとても効率のいいことなんです。

湯を沸かすのには火を焚いて、ガスに火をつけて、電熱料理器で、電磁調理器でなどいろいろありますが、太陽の光を使ったお湯の作り方と言うのもありますね。太陽熱温水器と言われている物です。実は太陽熱というよりも、正確には太陽光温水器と言う方が正確ではないかと思っています。

お勧めの温水器は寺田鉄工所が中国製を日本向けにプロデュースしている真空管を利用したものです。
サナース01 サナース SN-01F 定価 138,600円(消費税込み)
サナース200Fサナース SN-200/28F 定価 207,900円(消費税込み)

グローイングピースではその他機種の取り扱いもあります。
SOLER SYTM SERIES 寺田鉄工所



真空というのは熱を伝えにくいのですが、光は通過します。
そしてお湯が沸きます。

太陽の光の中の赤外線が水の分子に作用して暖かい水を作ってくれるのです。
ですから太陽光温水器と言う言葉の方があっているなのではないかと思うのですが、、、

暖まった水は外気に影響され気温が下がると水温も低くなってきますが、それを防ぐには熱を逃がさないように断熱することですね。真空層は熱を逃がしづらいと言う特徴もあります。

それに気温の低い冬でも太陽の出る晴れた日はたくさんあります。
真空式温水器だと外は寒くともお湯が沸きます。

接続

ソーラー温水器はかつて石油ショックと言われた1970年代に普及しましたが、これもふたたび化石燃料が安くなり普及は伸び悩の時代が長く続いたようです。80年代にはいってオーストラリア、中国、ドイツ、イスラエルなど、どんどん普及して行ったようです。
日本では温暖化のことが問題にされるようになって関心を持つ人は増えて来たようですが、普及していません。
このスサーナは価格と性能、そしてDIYでも組たれられる優れた製品です。
お問い合わせは growing_peace@yahoo.co.jp(@マークを英数半角@に変えて送信お願いします)

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。